この記事の連載

◆オレンジとミントの葛ゼリー

 ジメジメした湿気によるストレスからくる便秘には、香りのいいミントや柑橘類が効果的です。葛粉は、便秘や胃腸の養生に効果がある食材です。ゼリー以外でも、葛湯として利用してもいいでしょう。冷やして食べても美味しいですが、お腹の冷えを感じる場合は、温かい状態で食べても美味しいですよ。

●材料(5人前)

・オレンジ 3個
・葛粉 20g
・はちみつ 30g
・ミント 10枚

●作り方

(1) オレンジは半分に切ってから絞ります。

(2) 絞り切れなかった中の果肉は、スプーンでかき出します。

(3) 葛粉は水(大さじ2)を入れて、ふやかします。

(4) オレンジの絞り汁を入れた鍋に少量ずつ(3)の葛粉を入れます。

(5) 弱火でとろみがつくまで加熱します。葛粉を入れた直後は全体が白っぽくなりますが、絶えず混ぜながら加熱すると、段々と透き通ってきます。

(6) 粗熱が取れたら器に盛り付け、ミントを散らして完成です。

梅雨時期は薬膳の考えを取り入れた食事で胃腸の養生をしよう

 繰り返してしまう便秘と下痢の症状は、胃腸の働きの低下から起こっています。弱った働きを食材でサポートすることで、辛い症状を改善することができますよ。

 梅雨の時期はジメジメした空気により、気分も落ち込みがち。今回ご紹介した食養生と合わせて、適度に身体を動かしたり、冷たいものや消化の悪いものを控えたりすることも効果的です。便秘や下痢の不快感は、日常生活に支障をもたらしがちです。排便サイクルが整うことで、身体の調子が良くなるとともに、気分も自然と前向きになっていきますよ。

 薬膳は組み合わせ次第で、身近な食材でも手軽に実践できます。梅雨の季節の養生にぜひご活用ください。

» レシピを手軽に復習! 写真で確認する(全25枚)

さとうあい

宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや学校講師などを通して飲食業界に携わること20年以上。現在は国際中医薬膳師の資格を取得し、子どもの不調を整える薬膳料理講座や、企業へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライターとしても活動中。

次の話を読む【安眠ごはんレシピ3選】 梅雨の不調で眠れないなら おうちで薬膳メニューを作ってみよう

2022.06.08(水)
文・撮影=さとうあい