この記事の連載

カレーに添えたい玉ねぎアチャール&フムス

 続いて紹介するのは、インドのお漬物として食べられているアチャールと、フムス。アチャールは野菜を酢とスパイスで漬けたもので、にんじんやきゅうりなど、いろいろな野菜で作ることができます。

 フムスは、中東でよく食べられているひよこ豆のペースト。野菜やお肉、パンなどのディップにしていただきます。

①玉ねぎアチャール

 小宮山さんが持ってきてくれたのは、玉ねぎで作ったアチャール。カイエンペッパーが入っていて辛いのですが、しょうがとレモンのすっきりした爽やかな風味が印象的です。

■材料(作りやすい分量)

・玉ねぎ:250g
・しょうが:20g(すりおろし)
・カイエンペッパー:小さじ1/2
・砂糖:小さじ2
・塩:小さじ1/2
・酢:大さじ2
・レモン汁:大さじ1

■作り方

(1)玉ねぎは好みの大きさに切り、しょうがはすりおろす。

(2)容器に玉ねぎとしょうが、調味料を入れてレモンを搾る。

(3)1~2時間冷蔵庫で置いたら完成。

 付け合わせにも、ちょっとした箸休めにもぴったりのアチャールはバーベキューに最適です。

②フムス

 こちらは、ひよこ豆の水煮をペーストにしたフムス。さっぱりしている中に、ごまとひよこ豆のコクがあり、いつまでも食べ続けられるおいしさです。豆のうまみと甘さが際立ち、カレーのようにスパイシーなものとの食べ合わせにぴったり。

■材料(作りやすい分量)

・にんにく:1片
・ひよこ豆(水煮缶):1缶
・水煮缶の汁:40ml
・白練りごま:大さじ1
・レモン汁:大さじ1
・オリーブオイル:大さじ1と1/2
・クミンシード:小さじ1
・塩:小さじ1/2

■作り方

(1)にんにくはすりおろす。

(2)すべての材料を容器に入れ、ハンドミキサーで撹拌する。

(3)仕上げにオリーブオイル(分量外)をかけ、カイエンペッパー(分量外)をふる。

 日差しの中でスパイスたっぷりのお料理をいただいていると、やっぱりお酒がおいしい! お酒が大好きで、日本酒やワインなどどんなものも飲むという山田さんに、いろいろなお酒を試飲していただきました。日本酒バーベキューのすすめ編では、それぞれのお料理に合ったアルコールをご紹介します。

衣装クレジット

オールインワン 49,500円/リノ(グッドスタンディング 03-6447-2478)、その他/スタイリスト私物

山田杏奈(やまだ・あんな)

2001年生まれ、埼玉県出身。2011年、『ちゃおガール2011☆』オーディションでグランプリを受賞。18年、映画『ミスミソウ』で初主演を務める。19年にヒロインを務めた映画『小さな恋のうた』では第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。その後も映画やドラマなど話題作に出演している。24年1月公開予定の映画『ゴールデンカムイ』でヒロイン・アシリパ役を務めることが先日発表された。ドラマ『ゼイチョー ~「払えない」にはワケがある~』が10月14日(土)からスタート。

ドラマ『ゼイチョー ~「払えない」にはワケがある~』


自宅に電話し訪問し、財産までも差し押さえ……公務員なのに取り立て屋!? 超ノリが軽い「徴税吏員」と熱意ある新人「徴税吏員」が、税金と人生の問題を解決するため、あなたの心とお金に寄り添います――。他人事じゃ済まされない!? 妙にリアルな税金エンターテインメント!

日本テレビ系列 10月14日(土) 初回放送 毎週土曜夜10時~
原作:慎 結『ゼイチョー!~納税課第三収納係~』(講談社「BE・LOVE」所載)
脚本:三浦駿斗
チーフプロデューサー:松本京子
プロデューサー:大倉寛子・岩崎秀紀・金澤麻樹
演出:河合勇人・鯨岡弘識ほか

農園リゾート THE FARM(ザ ファーム)

所在地 千葉県香取市西田部1309-29
https://www.thefarm.jp/index.html

次の話を読む熱燗DJつけたろうが推す! 「日本酒バーベキューのすすめ」 今年の秋こそ日本酒×アウトドア

← この連載のはじめから読む

2023.10.05(木)
文=吉川愛歩
写真=佐藤 亘
ヘアメイク=村上 綾
スタイリング=中井彩乃