「きのこ入りお豆腐マフィン」の
レシピ

■材料

【マフィン生地】
※マフィン6個分。9号紙カップをマフィン型にセットして使用
[A]
・小麦粉:130g
・ベーキングパウダー:6.5g
・自然塩:小さじ1/8

[B]
・豆腐:170g
・太白ごま油:40cc
・みりん:60cc

[C]
・えのき茸:150g
※蒸したえのき茸を「生姜の塩ダレ」
 あえて使用
※マフィン1個につき25g使用
・ねぎ(青い部分):適量

・飾り用:あれば「中華風ピリ辛ごまソース」

■作り方

(1) [A]の小麦粉とベーキングパウダーを併せてふるう。

(2) (1)に自然塩を加えてホイッパーでよく混ぜる。

(3) [B]の材料を全てフードプロセッサーにかける(フードプロセッサーがなければ豆腐を滑らかにしてから残りの材料を加えてよく混ぜる)。

(4) (2)のボウルに(3)の材料を入れてゴムベラで切り混ぜ、少し粉っぽさが残る状態で止める。

(5) えのき茸は長さ半分に切り、ねぎの青い部分は小口切りにして2~3分蒸す。

(6) 生姜の塩ダレ(味を見て少し濃いめに整える)であえてから(4)の生地に加えてゴムベラで切り混ぜる。型にわけ入れて、中華風ピリ辛ごまソースを適量のせて(なくとも良い)170度に予熱を入れたオーブンで25分程度焼く。

ワンポイント

えのき茸は茹でても良いが、その場合はザルに上げて水気を切った後、さらにクッキングペーパーなどでしっかりと水気を拭き取ること。

今回のマクロビレシピに
欠かせない食材はこれ!

» ベーキングパウダー

» 自然塩

» 太白ごま油

中村恭子 (なかむら きょうこ)

地産地消料理研究家/健康管理士/クシマクロビオティックス・コンシェルジュ/一般社団法人蓼科塾代表
2011年東京都より長野県茅野市に移住。移住先である乗馬ファーム併設のペンション跡地で利用者専用オールベジの焼き菓子を提供するカフェ(Cafe楢Oak)をオープン。2015年信州の魅力を県外に発信する一般社団法人蓼科塾を設立し地産地消に根ざした食のイベントの企画運営、蓼科山に住むという「休む」神様「ビジンサマ」シリーズのレシピ開発や商品開発等を手がける。
※カフェの営業はゴールデンウィーク・夏季シーズンのみ
Facebook https://www.facebook.com/kyoko.nakamura.18
essentia(エッセンティア) https://www.facebook.com/essentiag/?fref=ts

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

Column

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

蓼科・東京を中心に活躍する、マクロビオティック・コンシェルジュ、中村恭子さんの提案する簡単マクロビメニュー。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、菜食女子ばかりでなく、肉食女子や酒豪女子からも大人気。まずは週末だけでも、ゆるマクロビをはじめてみませんか?

2019.09.10(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平