「生姜塩ダレの厚揚げ
 カルパッチョ」のレシピ

■材料

【生姜の塩ダレ】
・生姜のすりおろし:小さじ1
・ネギ:白い部分15g(みじん切りにして約大さじ2)
・ごま油:大さじ2
・塩:小さじ1/2~1

【厚揚げカルパッチョ】
・厚揚げ:300g

■作り方

(1) 生姜は皮付きのままたわしで洗う。

(2) 洗った後はザルに上げてよく乾かす。

(3) みじん切りしたネギに、すりおろした生姜、ごま油、塩を加える。

(4) 厚揚げは熱湯で4、5分しっかりと茹でて古い油を落とし、冷ましてから切り分ける。生姜の塩ダレをかけて完成。

ワンポイント

塩ダレはスプーンなどで混ぜ合わせてから、蓋付きの保存容器で1週間を目安に食べきる。

今回のマクロビレシピに
欠かせない食材はこれ!

» ごま油

» 自然塩

中村恭子 (なかむら きょうこ)

地産地消料理研究家/健康管理士/クシマクロビオティックス・コンシェルジュ/一般社団法人蓼科塾代表
2011年東京都より長野県茅野市に移住。移住先である乗馬ファーム併設のペンション跡地で利用者専用オールベジの焼き菓子を提供するカフェ(Cafe楢Oak)をオープン。2015年信州の魅力を県外に発信する一般社団法人蓼科塾を設立し地産地消に根ざした食のイベントの企画運営、蓼科山に住むという「休む」神様「ビジンサマ」シリーズのレシピ開発や商品開発等を手がける。
※カフェの営業はゴールデンウィーク・夏季シーズンのみ
Facebook https://www.facebook.com/kyoko.nakamura.18
essentia(エッセンティア) https://www.facebook.com/essentiag/?fref=ts

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

Column

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

蓼科・東京を中心に活躍する、マクロビオティック・コンシェルジュ、中村恭子さんの提案する簡単マクロビメニュー。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、菜食女子ばかりでなく、肉食女子や酒豪女子からも大人気。まずは週末だけでも、ゆるマクロビをはじめてみませんか?

2019.06.03(月)
文=中村恭子
撮影=秋元良平