地形を最大限に生かしたアイデアが人気の秘密

海に向かって右端にある海水のプール。目の前はビーチで、後ろには山が迫っているのが分かる。

 タイのバンコクに本社がある「シックスセンシズ ホテル リゾート スパ」は、2015年8月現在、11のリゾートと28のスパをもつ。1995年にモルディブで産声をあげた「シックスセンシズ」ブランドは、当時は珍しかった自然環境と地域社会との共生という確固たる理念のもと、多くのファンを獲得してきた。「シックスセンシズジギーベイ」は、アジアから中東に進出した最初のリゾートだ。

メイン棟の前には日光浴のためのビーチチェアとパラソルが並べられている。

 オープン時には、オマーンの伝統的な建築スタイル(前ページ参照)を模した石造りのユニークな客室デザイン、道路造りから着手しなければならなかったロケーションも話題となった。

「センスオブザエッジ」のテラス席。木~土曜の夜のみの営業なので、ここでディナーを楽しみたいなら滞在日にご注意を!

 何より、1ページ目でご紹介した、ロケーションを利用してパラグライダーでチェックインするというアイデアにリゾート業界も度肝を抜かれた。崖っぷちに造られたレストラン「センスオブザエッジ」の展望台ばりの眺めも素晴らしい。話題性だけではない。今もリゾートは進化していて、常に新しい楽しみ方を提案し続け、何度も訪れるリピーターに支持され続けている。

 各ゲストルームには、GEM(ゲスト・エクスペリエンス・メーカー)と呼ばれるバトラーがつく。気軽に相談できる友人がいる別荘に滞在しているかのような雰囲気で、ほどよい距離を保ちながらゲストのヴァカンスをサポートしてくれる。「アクティビティの予約をして」とか、「バスタブにお湯を張っておいて」など、電話1本ですべてを手配してくれるのだ。

プールヴィラのベッドルーム。石や木といった天然建材を使い、白を基調として柔らかな照明の光を室内に拡散させている。

 82棟の客室棟は、石を積み上げた壁、小枝を組んだ柵など、オマーンの伝統的建築スタイルで造られている。全室にプライベートプール、カバナがあり、プライバシーを保つための柵は、開け放すと心地よい風が抜ける造り。枕の種類(バスタブ用枕含む)を選ぶことが出たり、夜になるとプールの縁にろうそくを灯しておいてくれたり、敷地内のハーブガーデンでカクテルパーティがあったり、細やかなサービスがちりばめられている。

左:2階建て2ベッドルームの「リトリート」。プライベートスパトリートメントルームやマシンジム、ダイニングルームなどがあり、一歩も外にでなくてもリゾートライフを楽しむことができる。世界のトップセレブが滞在するヴィラだ。
右:「スパイスマーケット」のアラビアンメゼ。様々な種類のアラビア料理を少しずつ楽しめるのでお勧めだ。

 レストランは、前述の「センスオブザエッジ」、料理教室も行われるアラビア料理レストラン兼メインレストランの「スパイスマーケット」のほかに、水辺のテラス席が心地よい「サマーハウス」、伝統的アラビア料理の「シュアシャック」がある。プールを見下ろす「ジギーバー」や、ワインディナーも予約できる「ワインセラー」もリゾートでのロマンティックなひとときには欠かせない。

橋を渡る涼しげなエントランスの「サマーハウス」。テラス席は早めの予約を。

 日本からドバイ、アブダビまでは直行便があり、そこから車で約2時間。西回りの世界一周なら、ここから始めるというのもいい。ファーストクラスの旅の始まりにパラグライダーチェックインだなんて、想像しただけで楽しくなった。

水曜の夜は星空シネマが催される。ビーチチェアでリラックスしながら、ヘッドホンを使っての映画鑑賞だ。

Sixsenses Zighy Bay(シックスセンシズジギーベイ)
所在地 Zighy Bay Musandan Peninsula, Sultanate of Oman
電話番号 +968-2673-5555
URL http://jp.sixsenses.com/

【日本での問い合わせ先】
シックスセンシズ ホテル リゾート スパ
フリーダイヤル 0120-92-1324

たかせ藍沙 (たかせ あいしゃ)
トラベル&スパジャーナリスト。渡航130回超・60カ国超、海外スパ取材230軒超、ダイビング歴800本超。日々楽しい旅の提案を発信中。著書は『美食と雑貨と美肌の王国 魅惑のモロッコ』(ダイヤモンド社)、薔薇でキレイになるためのMOOK『LOVE! ROSE』(宝島社)など。楽園写真家・三好和義氏と共著の『死ぬまでに絶対行きたい世界の楽園リゾート』(PHP研究所)が4刷、台湾版も好評につき、中国版出版制作中! 第2弾『地球の奇跡、大自然の宝石に逢いに… 青の楽園へ』好評につき、こちらも中国版出版決定!
Twitter https://twitter.com/aisha_t
ブログ http://ameblo.jp/aisha
「たかせ藍沙のファーストクラスで世界一周」Facebook
https://www.facebook.com/WRT.by.FirstClassFlight

Column

たかせ藍沙のファーストクラスで世界一周

ファーストクラスで世界一周だなんて手の届かぬ高嶺の花かと思いきや、実はちょっとの工夫でリーズナブルに実現することができるんです。アマゾン川、マチュピチュ、ウユニ塩湖、ナミブ砂漠、南アフリカ、オーストラリア、香港、インドネシア……。トラベルライターのたかせ藍沙さんが体験したとっておきの旅を、ここに公開!

2015.08.21(金)
文・撮影=たかせ藍沙