LOVE:カルボナーラピッツァ
存在感のあるゴロゴロベーコン、黒こしょうもゴリゴリ!

麻布十番|ピッツェリア・ファンタジスタ ドゥエ

 卵が大好き。ご飯と一緒のときはもちろん、麺でも、パンでも、卵が一緒だとうれしいなぁと思う。きっと、日本人の半分以上がそうなんじゃないだろうか、違うだろうか?

 それはピッツァでも同じであった。出会いの場所は、麻布十番のピッツェリア。初めて行った混み合うピッツェリアで注文に迷っているとき、隣の女性ふたりがキャッキャと分け合って食べていたのがこのピッツァだったのだ。こちらは仕事中でしごく落ち着いたテンションであったが、「おおお!」と目を惹きつけられる素敵なルックスのピッツァ!

 思わず、同じものをメニューの中に探すと、どうやらそれは「カルボナーラ」ピッツァであるらしい。そう、あのパスタのような、卵とベーコンを使ったオリジナルのピッツァなのだ。もちろん、トロトロ卵ピッツァを注文!

メニューには「カルボナーラ」という名で出ています。カルボナーラだから黒こしょうもゴリゴリ。1,890円。

 トロトロ卵の秘密は、卵を生地の上に割り入れて窯へ。1分くらいだろうか、加熱をすると卵が半熟に火が通る。プルプルゆれるお月見状態のピッツァがテーブルに運ばれてきて、トロトロといかにもおいしそうにかき混ぜられカットしてもらう。このプレゼンテーションもさすが!

 ちなみに私がピッツァでいちばん好きなのは、真ん中へんのなにかとゆるーいところ。ここ本来のゆるさとトロトロ卵の相性はいわずもがなで、夢心地のゆるさを生み出している。なんという快感!

 ちなみにベーコンは薄いパンチェッタではなく、わりとゴロゴロと存在感を持たせたベーコンを使っている。たまねぎと一緒に炒めているそうで、この優しい感じも卵とよく合っているのかもしれない。ソースも生クリーム入りでこっくり。ちびっこも大喜びしそうなまろやかなタイプだ。さらに、チーズはイタリアから取り寄せる上質なモッツァレラで、この味わいが卵の底力をさらにパワーアップさせているのではないかと思う。

<次のページ> 日本一になったというマルゲリータもやっぱり美味で

2014.11.16(日)
文・撮影=北條芽以