気温も上がりムシムシしてくると、食べてからだの中から冷ましたくなるもの。

 今回紹介する涼を呼ぶ麺は、一見ひねりが効いているようで、実は直球のおいしさ。必食です!

澄まし処 お料理 ふくぼくの
「涼し麺Aセット」

●推薦人:
渡辺P紀子さん

涼し麺Aセット 1,200円(税別)。今日の小鉢は冷や奴。この豆腐が格別の旨さ。器もいい。麺が入っているのは漆器。

 六本木ヒルズなんて久しく行ってないなぁ、なんて方、ウエストウォークの5階に行ってみてください。こーんなにお店ができていたのかとびっくりするはず。

 その中でも異彩を放っているのが、ここ〈ふくぼく〉です。澄まし処って何だろう。まずは中へ。

 まるで、小料理屋のような内観。昼間は麺中心のランチセットで賑わいますが、夜はがらりと変わって、おいしいおつまみと料理、そして〆には麺、の和食店になっています。

 メインの澄まし麺は、余分なものを削ぎ落としたピュアでシンプルな味わい。スープは、昆布と鰹節、いりこでとったお出汁に塩だけで調味。

 麺はラーメンとも蕎麦とも素麺とも違う、さらりスッキリ系。この独特の麺を用いた夏限定の麺が「涼し麺」です。

大充実のアラカルト・メニューから。お酒が進むものばかり。 和牛のせいろ蒸し 1,800円(税別)。京壬生菜の上に牛肉が。ぽん酢でいただく。

 ごま油と特製醤油を絡めた麺に、お出汁を少量加えたものですが、冷たすぎず、フランス料理でいうところのティエド(生温かい)に近い状態。お出汁と混ぜながらつるりと食べ進めます。

 途中、お供のネギや海苔を加えるだけでなく、卓上に置かれた「味変」用の黒胡椒、胡麻油、特製醤油、昆布酢、山椒醤といった調味料をちょいちょい加えてみて。

万願寺唐辛子の蟹射込み揚げは夜のコースの一品。ズワイ蟹を詰めて、天ぷらに。おなかにするっと収まります。

 セットはいろいろありますが、一番シンプルなセットにつくのが、名物鴨だしご飯。

 こちらは、昆布と鰹節、鴨でとった出汁に米、ゴボウ、人参、干し椎茸、鴨そぼろ、そして隠し味に鴨油も加えて炊き込んだもの。これまた、箸が止まりません。

 やっぱり、ここはいいお店。

澄まし処 お料理 ふくぼく

所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワーウェストウォーク5F
電話番号 03-5413-2989
営業時間 ランチ 11:00~15:00、ディナー 17:30(土・日曜・祝日 17:00)~23:00、フード 21:30(L.O.)/ドリンク 22:00(L.O.)
定休日 無休
価格 1,200円~
カード 利用可
席数 25席
おすすめの人数 ひとりで大丈夫
※ランチセットはBセット(麺+羽釜ご飯+麺のおとも三点盛+副菜一皿) 1,500円もいい。ディナーは税・サ別。酒肴コース 3,800円~ふくぼくコース 9,800円。アラカルトも多数。

2019.07.16(火)
Text=Michiko P Watanabe
Photographs=Wataru Sato

CREA 2019年8・9月合併号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

日々のごはんのお取り寄せ。

CREA 2019年8・9月合併号

毎日がおいしく楽しくなる
日々のごはんのお取り寄せ。

定価820円

忙しい日々のなかで、毎食完璧な食卓を準備するのは大変なもの。特別じゃなくていいから、気取らない“いつものごはん”を朝・昼・夜のどこかで用意ができたなら、きっとその日はいい一日だと思えそう。そんな等身大の幸せを叶えてくれる、とっておきのお取り寄せ号ができました。50人のお取り寄せ上手が教えてくれた全国のおいしいものを、ぎゅっとお届け!