この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

※本記事は、再公開したものです(初出:2022年10月13日)

» きのうのレシピ「鮭の焼漬、イクラのっけ丼」


vol.91 イチジクとローストビーフのっけパン

イチジクとローストビーフのっけパン。
イチジクとローストビーフのっけパン。

 フト、こんな“のっけ”を試したくなりました。イチジクと生ハムはよくあるけれど、ローストビーフとも相性いいだろうなと。結果オーライ! おいしくて、贅沢な気持ちになれる好ペアでした。イチジクはバルサミコ酢で風味をつけてあります。

■材料(1人分)

・パン:1枚
・ローストビーフ:4切れ
・イチジク:1個
・バルサミコ酢:小さじ1
・オリーブオイル:小さじ1
・塩こしょう:少々

■作り方

(1) イチジクは皮をむいて、だいたい4等分に輪切りにする。パンを好みの加減に焼く。

(2) ボウルなどにバルサミコ酢とオリーブオイルを入れてよく混ぜ、イチジクを入れてなじませる。

(3) パンにローストビーフとイチジクを交互にのせ、塩こしょうをふる。

 作り方の2番目、イチジクが崩れやすいのでやさしく和えてください。

 手間をかけてもいいなら、玉ねぎとセロリのみじん切りをフレンチドレッシングで和えたものを少々かけると、なお美味。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【最強のごはんのおとも!】 「イクラ黄身おろし」レシピ とろっと濃厚、ごはんが止まらない

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.10.13(金)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔