あの有名ジュエラーが営む
豪華なワイナリーへ

目の前に広がるブドウ畑や山を眺めるテラスで、テイスティングやランチを。

 フランシュフックの隣町、ステレンボッシュは1680年代にオランダ東インド会社が初めてワイナリーを築いて以来ワイン作りの歴史が続く街。

ステレンボッシュの中心部にある教会。名門大学があって、歴史も長いこの街には、文化の薫りが漂う。

 ここは南アフリカで2番目に古い街でもある。有名なステレンボッシュ大学があり、街の雰囲気はのどかながらも上品な文教都市といった感じ。オランダ植民地時代に造られたケープダッチ様式の建物を利用したかわいらしいカフェや雑貨店が立ち並んでいて、ひとときもカメラが手放せない。

ステレンボッシュのワイナリー「ディレア グラフ エステート」に併設するロッジのロビー。現代アフリカンアートがいたるところに。

 ステレンボッシュで訪れたのは、「ディレア グラフ エステート」。ここはダイヤモンドジュエリーで知られるグラフ社が経営する、ラグジュアリーなワイナリーだ。

ロッジにあるプールからもブドウ畑を一望。

 厳しい基準のあるフランスのホテル・レストラン協会「ルレ・エ・シャトー」にも加盟しているだけあって、ここはとにかく豪華。敷地内には、手入れが行き届いた庭園やブティック、プライベートプールのあるロッジ、ブドウ畑を一望するインフィニティプールとジャグジーを擁するスパなど、贅を尽くした施設がある。

左:日本ではなかなか手に入らないワインは、気に入ったら購入するが勝ち!
右:ブドウ畑と山を見渡すレストランのテラス席。

 この旅を終えて帰国後、気になってお邪魔してみたのが、女性の審査員だけで行われるアジア最大規模のワインコンクール“SAKURA” Japan Woman's Wine Awards、通称「サクラアワード」。ワインランドで生まれたワインの数々が受賞していた。

南アフリカ観光親善大使の女優、高橋ひとみさんが特別審査員をつとめた「サクラアワード」。今年も南アフリカ産ワインが数々の賞を受賞した。

Delaire Graff Estate
(ディレア グラフ エステート)

所在地 Stellenbosch, 7602
電話番号 021-885-8160
http://www.delaire.co.za/

<次のページ> ビーチの特等席でディナーを満喫するケープタウン

2018.03.06(火)
文・撮影=芹澤和美