おかずと一緒にほおばるからこそおいしい白飯

 次に紹介するのは、おかずと一緒に食べておいしいご飯たち。マレーシアで暮らしていたころ、職場の同僚に「ご飯がドライだったら汁をかけてね」とよく言われました。最初の頃は、なんのことを言っているのかわかりませんでしたが、マレーシア料理を食べ慣れてくると、この言葉にすっかり合点。

 マレーシアでは、ご飯はそれ自体を噛みしめて味わうのではなく、あくまでも、おかずや汁物と一緒に口に運ぶもの。日本だと、ご飯を食べて、魚を食べて、味噌汁を飲んで、とそれぞれ単体で食べていくこともありますが、マレーシアではかならず、ひとくちが「ご飯+おかず」のセット。これが、マレーシアごはんを味わうコツなのです。

ご飯好きのマレーシア人が愛するメニュー
おかずが色々選べる「エコノミーライス」

 マレーシアでいちばんポピュラーな料理が、「エコノミーライス」(「経済飯」ともいう)。ご飯の周りにおかずを盛りつけ、丼飯のようにぜんぶ混ぜて食べる料理です。おかずの種類は店によって様々ですが、ご飯に合うように濃いめに味付けした野菜料理、カレー類、高菜漬けや鶏そぼろ煮など、ご飯のお供系が充実しています。

 » エコノミーライスをもっと詳しく!

豚の漢方スープ「バクテー」
おいしいシメはスープをたっぷりかけた“バクテー茶漬け”

 豚肉を漢方スープで煮込んだ「バクテー」。これにもご飯が必須です。豚の甘みがしみ出したスープを猫まんまのごとくご飯にかけ、豪快にわしわしとかきこみましょう。白いご飯が一般的ですが、ヤム芋と黒醤油を加えた黒っぽいご飯「ヤムライス」も名物です。

 » バクテーをもっと詳しく!

南インド発祥のバナナリーフカレー
主役はパラッとした食感のインド米!

 バナナの葉をお皿にしたカレー定食。中央にこんもりと盛られているのは、カレーと相性抜群のインド産のお米「バスマティライス」です。さっぱりとした食感の長粒米に、スパイスの効いたさらさらカレーがよく合います。ちなみに、この料理のご飯は食べ放題です。

 » バナナリーフカレーをもっと詳しく!

お米が主役のお粥は、種類豊富
最近ではマレー系のお粥屋台も登場!

 日本でもおなじみのお粥は、マレーシアでも人気です。長時間じっくり煮込んだ広東粥、水分多めでさらっと食べる潮州粥など多彩なメニューが楽しめます。また最近では、唐辛子系の薬味で食べるマレー系のお粥屋台も登場。看板にマレー語でNasi Bubur(ナシ・ブブー)とあったら要チェックです。

<次のページ> 青・黄・赤……カラフルなご飯にきっと誰もが仰天!

2016.03.25(金)
文=古川音
撮影=古川音、三浦菜穂子