この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、しらいさん。

» きのうのレシピ「板わかめとしらすのっけがゆ」


vol.178 おいなりさんのっけ弁当

おいなりさんのっけ弁当。
おいなりさんのっけ弁当。

 おかずが少しずつ余ったとき、テーブルに並べても食べてくれないけど、お弁当箱に詰めると不思議と食べてくれるというお話を聞いて、なるほどと思いました。

 破れてしまった油揚げの甘煮、いなり寿司にするにはちょっとアレだったので、千切りにして酢飯にのっけて混ぜていただきました。曲げわっぱのお弁当箱に詰めるといい感じ。そして食べるとバッチリいなり寿司の味!

 混ぜてから少し時間をおくと味がなじんでおいしい。海苔をまぜてもおいしいですよ。これも「食べれば○○シリーズ」の仲間です。

■材料(1人分)

・油揚げの甘煮:2枚
・しらす:大さじ1
・酢めし:茶碗1杯分
・酢ばす:2~3枚
・生姜の甘酢漬:適量
・白煎りごま:適量

■作り方

(1) 酢ばすはみじん切りにする。生姜の甘酢漬けは千切りにする。

(2) 酢めしに(1)としらすを混ぜる。油揚げの千切りをのせ、白ごまをちらす。

 今日はお気に入りの白ごまを使いました。この祇園むら田のごま、香り高くていつものお料理がグレードアップします。

煎り 白ごま 115g 831円/祇園むら田
煎り 白ごま 115g 831円/祇園むら田

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【食べれば〇〇シリーズレシピ】 最小限の手間で完成する「麻婆丼」 ごはんにチンした豆腐と肉味噌をオン

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.01.08(日)
文・撮影=しらいのりこ
イラスト=二村大輔