この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

» きのうのレシピ「青梗菜とねぎのっけ豆乳担々麺」


vol.173 春菊ビーフライス

春菊ビーフライス。
春菊ビーフライス。

 おせちやお雑煮にちょい飽きる頃、私はエスニックな味わいがほしくなるんです。

 そしてほろ苦い青菜好きの私は春菊が大好物。でも世間的には「鍋でたまに使うぐらい」「やるとしても、おひたしとか?」的に薄い反応が多いような……。いろいろ使えるヤツですよ。ナンプラーとも実は相性がいい。牛とにんにく風味で1品作ってみましょうか。

■材料(1人分)

・春菊:50g
・牛小間切れ肉:100g
・にんにく:3g
・ナンプラー:小さじ1
・油:小さじ2
・ごはん:適量

A
・オイスターソース:小さじ1
・酒:大さじ1
・醤油:小さじ1/2

■作り方

(1) 牛肉は食べやすい大きさに切り、ナンプラーをまわしがけ、全体を軽く和える。春菊は3センチ幅に切り、にんにくは粗みじん切りにする。

(2) フライパンに油をひいて中火にかけ、にんにくを入れる。香りが立ったら牛肉を入れてほぐしつつ、軽く炒める。

(3) 春菊、Aを加えて全体を炒め、春菊がしんなりしたら火を止める。器にごはんと一緒に盛りつける。

 牛肉との相性がイチオシですが、豚や鶏肉でもかまいません。シンプルに材料は2種にしましたが、きのこやパプリカなどを加えてもおいしいですよ。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【おかゆのおともアレンジレシピ】 美味! イタリアンお供のっけがゆ 年末年始の胃の疲れはおかゆで癒す

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.01.03(火)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔