この記事の連載

実松由夏さん[SHIBUYA TSUTAYAコミック担当]

Q1:最愛の一作

『CITY HUNTER』(北条司/コアミックス)

 北条司先生の絵柄、世界観が好きです。冴羽獠がとにかくかっこいい!

Q2:マンガを読むスタイルは?

 自宅の定位置で。あるいは、待ちきれない新刊は帰りの電車の中で。

Q3:夜ふかしマンガ大賞に推薦した作品とその理由

『黄泉のツガイ』(荒川弘/スクウェア・エニックス)

 冒頭の世界観からガラッと変わって、予想してない展開に驚きました。

『多聞くん今どっち!?』(師走ゆき/白泉社)

 ジメ原さんからイケ原くんへのスイッチの切り替えが最高!

『ガチアクタ』(裏那圭 晏童秀吉/講談社)

 文字通り「奈落」に落とされ、王道な成り上がりマンガになるのか? 画力も高いので今後の展開にも期待大です。

Q4:各部門への推薦作品とその理由

●女の人生部門

『累』(松浦だるま/講談社)

 容姿の美醜とは、人にとって計り知れない影響力があり、残酷なものでもあると思い知らされる作品です。

実松由夏(さねまつ・ゆか)
SHIBUYA TSUTAYAコミック担当

名探偵コナン好きで、1999年よりSHIBUYA TSUTAYAにてコミックを担当。繊細で美しい! と思う作品は『乙嫁語り』(森薫/KADOKAWA)。

次の話を読む佐久間宣行、澤部 渡……マンガ好き 厳選の【我が生涯、最愛の一作】 マンガ好き必見です!

← この連載のはじめから読む

2022.12.11(日)
Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

CREA 2022年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

「夜ふかしマンガ大賞」発表!

CREA 2022年秋号

「夜ふかしマンガ大賞」発表!

特別定価930円

「CREA」2022年秋号は「夜ふかしマンガ」特集です。慌ただしい日々を過ごしていると、眠りにつく前のひと時くらい、すべてを忘れてマンガの世界に没頭したくなりますよね。そこで、時代をあぶりだす社会派から、大人の胸キュン、話題の新人作品まで、ぜひ読んで欲しい名作を集めた「夜ふかしマンガ大賞」をお届けします! 今年最注目の第一位は――!?