「体はカンタンに変わります!」と語る、ヨガインストラクターのJURI EDWARDS(エドワーズ・壽里)さん。大切なのは少しの時間でも毎日続けること。

「ヨガは自分自身と向き合う時間。週1回の30分より、1日5分でも時間を積み重ねていくほうが、意識も変わっていきます。今の体の状態に気づくためにも大切にして欲しい時間です」


【猫背を正す】#05
本日の1ポーズは?

「キャメル」のポーズで深呼吸。

 背中が丸まって両肩が前に出ると、胸が軽く閉じられた状態になり、呼吸が浅くなりがちです。姿勢が悪くなるだけでなく、体の不調はそんなところからも始まります。

 今回は、巻き肩をぐいと後ろへ引き、胸を大きく開くポーズ。後屈は柔軟性が求められるので、体が硬い人は「ハーフ」(下記参照)にトライしてみて。

 腰を反らすと痛める原因になるので、腰は引き上げるように意識して、上半身を伸ばしながら後ろへ倒すのが重要です。

◆HOW TO

両脚を軽く開いて膝立ちになる。胸を大きくを開いて、上体を少しずつ後ろに倒していく。左右のかかとをつかみ、3〜5呼吸キープ。深く呼吸するとたくさんの空気が体内に取り込まれ、全身の代謝も良くなる。

体が硬い人は、写真のようにキャメルポーズのハーフを。両脚を軽く開いて膝立ちになったら、両手の先を下に向けて腰に当てる。肩甲骨を引き寄せるように、ひじを後ろに向けて、上半身を軽く倒す。慣れてきたらフルバージョンにシフトして。

「キャメル」の「ハーフ」。これだけでもかなり効く! 猫背改善のほか、冷え症解消にも効果的。集中力もアップ!

《美しく痩せる!整える! 1分で1ポーズヨガ》

この連載では、4カテゴリーにわけてヨガをご紹介。1ポーズ1分もかからないので、毎日の習慣に取り入れやすいです。気づいたときに、ぜひトライして。

1.ボディメイクの【本気で部分痩せ】
2.肩こりや腰痛の【不調を改善】
3.背筋を伸ばして【猫背を正す】
4.疲れた気持ちを癒やす【心を整える】

JURI EDWARDS (エドワーズ・壽里)

東京都出身。ハワイに移住し、全米ヨガアライアンスのRYT200を取得。カピオラニコミュニティーカレッジにてスポーツ科学を学び、アメリカ医学会認定パーソナルトレーナーの資格を取得。スポーツブランド「ルルレモン」の日本法人立ち上げに携わり、2019年アジア初のルルレモン カントリーアンバサダーに選ばれる。同年4月、表参道に自身のヨガスタジオ「IGNITE YOGA STUDIO」をオープン。「ヨガで進化する。」をポリシーに神宮前で人気を博する。

Column

美しく痩せる! 整える! 1分で1ポーズヨガ

痩せたい体や、疲れすぎた心に効くJURI EDWARDSさんのヨガ。多くの女性から熱い支持を得る人気インストラクターが、初心者でもカンタンにすぐできるシンプルなポーズを伝授。ボディメイクは実践したもの勝ち、体は必ず変わります!

2020.04.13(月)
文=林田順子
撮影=鈴木七絵