LOVE:ミャンマー料理
酸っぱくておいしい魔性の味、ミャンマー料理に夢中

目黒|May

 急に気温が高くなってきたので、突然南国の味が恋しくなった。目黒駅でふと思い出したのは、2007年のオープンすぐにうかがった、その名も「May(メイ)」というミャンマー料理店。確か、世界のバナナ料理の取材で紹介されてお邪魔したはず。「まだあるかな~」と思って、駅からすぐ近くの雑居ビルにあるお店に向かうと、あった!

 お店に入るとMayさんが。当時来日したてで初々しく片言の日本語を話していて、少女のようにあどけなかったMayさん、お互い様だが人生経験を積み重ねて大人の女性に! なんだか恥ずかしかったので、声は掛けずにごはんを楽しむことにした。

ミャンマーのビールや、シンハーもあった。私はミャンマー茶。

 連れがミャンマービールを頼んだおかげで(なのか、サービスなのか?)お通しが出てきた。エスニックでよく出てくるエビせんべいのように見せかけて、魚せんべい! 揚げたての魚せんべいはキメが細かくて、味が詰まっている感じ。江ノ島名物のタコとかをプレスしたおせんべいの白身魚バージョンのような? 連れから奪いとってむしゃむしゃいただく。

白身魚せんべい、もとい、フィッシュクラッカー。揚げたてでした。

 さて、サラダを食べようかな~とメニューをめくっていたら、好きなワード「鶏皮」の文字、発見! 鶏の足と皮のサラダだそうで、鶏皮族としてはマストオーダーでしょう~。さっそく出てきたサラダは意外とシャバシャバで、鶏の足がモミジのように突き出ている、というわけではなく、くるぶしっぽいあたりをしゃぶって食べる感じ。ゼラチン質が多くておいしい! そして皮もたっぷりプリプリ。野菜は主にキャベツなのだが、しんなりしているのでコールスローサラダのようだ。

鶏の足と皮のサラダは、鶏のプリプリ2種類とキャベツを黄色いドレッシングで。おすすめ!

 この黄色い汁が、正直よくわからないのだが、レモン系の酸味を効かせた酸っぱいドレッシングだ。でもちょっとまろやかでもある。飲み干すようなものではないが、たっぷりあってつらいものでもない。しんなりするのも計算の内、というメニューとみた。ここに麺を入れて和えてもおいしそう。不思議な魅力のサラダに夢中。

<次のページ> 後半戦はミャンマーヌードル。麺もいろいろ!

2015.05.06(水)
文・撮影=北條芽以