【次に流行るもう一曲】
SCANDAL「Image」

海外におけるJポップの代表選手になる可能性

伊藤 同週にSCANDALのシングルもリリースなんですが、カップリングも含め、メンバーによる作詞作曲ですね。以前は他のアーティストによる楽曲提供が多かったのですが、今年に入ってからはメンバーによる楽曲制作が増えて、バンドとしての新しいフェーズって感じ。

山口 楽屋話をしたいわけではないのですが、今回の2組のアーティストは両方とも、僕にとっては、身内感があります。特にSCANDALはデビュー前から知っています。ずっとプロデュースをしている大平太一は、高校の1期上の先輩で、高校時代は一緒にバンドもやっていました。その後、彼がデビューする前のアマチュアバンドはマネージャーもしてました。SCANDALは、彼がチューニングの仕方から教えた、いわばつくられたアイドルバンドが、ここまで成長したのかと思うと、親戚のおじさんのように感無量です。

伊藤 親戚のおじさん目線で応援しているんですね(笑)。

山口 彼女たちが、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト/毎年、米テキサス州オースティンで行われる音楽祭)のJAPAN NITEというイベントに出て、アメリカツアーをする時もいろいろ相談に乗りました。

伊藤 楽曲「Image」に関しては、詞を大切にしてつくった印象を受けます。前向きな詞なんだけど、ネガティブな影が全体を覆っていて、夜明け前の誰もいない街っていう感じ。詞先で作ったのか、良い意味でアンバランス感が引っ掛かりますね。

山口 大平さんとは、以前対談した記事があるので、興味のある方はこちら(外部サイト)もどうぞ。楽曲コンペを否定して、最近の音楽制作の潮流とは逆の「歌詞が先」という作品作りを提唱するなど、彼の美意識が感じられる内容です。

伊藤 そういうことですね。

山口 実は、大平太一がやっていたthe REDS(その後マーキー・ムーンと改名)というバンドを思い出しました。曲の構成もサウンドの響きも、僕にとっては大平サウンドでした(笑)。

伊藤 じゃあSCANDALは、大平サウンドの後継者ってことですね。そのSCANDALは年内にアルバム、来年はワールドツアーを控えているようなので、このシングルで勢いをつけて欲しいですね。

山口 アニメの大型タイアップから始まり、欧米には珍しいガールズバンドという形態で、日本ならではのフォーマットのポップソングというのは、海外の日本ファンにとってみると、ど真ん中ストライクです。本格的にライブツアーをやっていくと、きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfume、BABYMETALなどを超える、海外におけるJポップの代表選手になれる可能性がありますね。

SCANDAL「Image」
エピックレコードジャパン 2014年11月19日発売
972円(税抜)
■SCANDALは、2008年にメジャーデビューした4人組ガールズロックバンド。20枚目のシングルとなる本作の表題曲は「国際女子サッカークラブ選手権2014」公式応援ソング。12月3日には、6枚目のアルバム『HELLO WORLD』がリリースされる。
■「Image」作詞・作曲/MAMI 編曲/Keita Kawaguchi
■オフィシャルサイトURL http://www.scandal-4.com/

【動画サイト】

「Image」
URL https://www.youtube.com/watch?v=lLqkx8-bzlI

山口哲一 (やまぐち のりかず)
音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト。(株)バグ・コーポレーション代表取締役、「デジタルコンテンツ白書」(経産省監修)編集委員。プロデュースのテーマに、ソーシャルメディア活用、グローバルな視点、異業種コラボレーションを掲げて、音楽とITに関する実践的な研究を行っている。著書に『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)、『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略』『プロ直伝! 職業作曲家への道』(リットーミュージック)、『世界を変える80年代生まれの起業家 ~起業という選択~』(スペースシャワーネットワーク)がある。最新刊は『DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』(リットーミュージック)。詳細プロフィールはこちら
Twitter@yamabug https://twitter.com/yamabug
ブログ「いまだタイトル決めれず」 http://yamabug.blogspot.jp/
作曲家育成セミナー「山口ゼミ」 http://www.tcpl.jp/openschool/yamaguchi.html
WEDGE Infinity連載「ビジネスパーソンのためのエンタメ業界入門」 http://wedge.ismedia.jp/category/entertainment

伊藤涼 (いとう りょう)
音楽プロデューサー、ソングライター。ジャニーズ・エンタテイメントで『青春アミーゴ』などのミリオンセラーをプロデュース、後にフリーランスに。ソングライターとして、乃木坂46『走れ!Bicycle』、AKB48『ここにいたこと』などの作品がある。作詞アナリスト、フードミュージックプロデューサーとしても活躍。論理的で明晰な分析力に注目。著書に『作詞力 ウケル・イケテル・カシカケル』(リットー・ミュージック)がある。
マゴノダイマデ・プロダクション http://www.mago-dai.com/
ブログ「伊藤涼の音楽」 http://ameblo.jp/magodai/
伊藤涼が主宰する作詞研究室リリック・ラボ 
http://www.mago-dai.com/?p=746

Column

来月、流行るJポップ チャート不毛時代のヒット曲羅針盤

音楽ビジネスとITに精通したプロデューサー・山口哲一。作詞アナリストとしても活躍する切れ者ソングライター・伊藤涼。ますます混迷深まるJポップの世界において、この2人の賢人が、デジタル技術と職人的な勘を組み合わせて近未来のヒット曲をずばり予見する!

2014.11.15(土)
文=山口哲一、伊藤涼