この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、しらいさん。

※本記事は、再公開したものです(初出:2022年12月11日)

» きのうのレシピ「しいたけミートソースのっけスパゲッティ」


vol.150 春菊のチキンカレーのっけライス

 義母が作った春菊が届きました。名前に春はつくけれど、春菊の旬は冬。実は今年の夏に「パセリのカレーも美味しいなら、春菊のカレーも美味しいのでは」と思い、冬が来るのを待ってました。

 香りの強い春菊は、やはりスパイスとの相性抜群。想像以上に爽やかなカレーに仕上がりました。

■材料(1人分)

・春菊:1/3束(50g
・鶏モモ肉(唐揚げ用):100g
・玉ねぎみじん:1/4個
・じゃがいも:1個
・ごはん:適量

A
・にんにく、生姜みじん:各小さじ1/2
・クミンシード(あれば):少々

B
・トマト水煮:50g
・カレー粉:小さじ1
・塩:小さじ1/2
・水:1/2カップ

・オリーブオイル:大さじ1

■作り方

(1) 春菊はみじん切りにする。じゃがいもは皮付きのまま良く洗い、一口大に切り、耐熱容器に入れ、ふんわりラップをかけて電子レンジ(600ワット)で2分加熱する。

(2) 鍋にオリーブオイル、Aを入れて弱火で熱し、香りがたったら、玉ねぎを入れて中火で炒める。玉ねぎが透明になったら、B、鶏肉、じゃがいもを加える。蓋をして5分ほど煮たのち、春菊を加えてさっと混ぜ、全体をなじませる。

 春菊を入れたら煮込みすぎないのがポイント。じゃがいもは電子レンジで加熱して、煮込み時間を短縮。春菊とじゃがいもの組み合わせはとてもおいしいので、じゃがいもも必ず入れて下さい。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【野菜も摂れるヘルシー牛丼レシピ】 香り爽やか「セリたっぷり牛丼」 セリは甘めの味つけと相性抜群

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.12.11(月)
文・撮影=しらいのりこ
イラスト=二村大輔