この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、しらいさん。

» きのうのレシピ「牡蠣キムチ玉子丼」


vol.192 春菊のガーリックライス、ステーキのっけ

春菊のガーリックライス、ステーキのっけ。
春菊のガーリックライス、ステーキのっけ。

 ガーリックライスを春菊で作ったらおいしそうだなと、じゃあステーキのっけてしまおうとこのステーキライスができました。

 春菊は和風のハーブだと考えると用途が広がります。混ぜごはんにもよさそうなので、ごはん界にもこれからどんどん進出させていこうと思います。

 先日、白央さんがおそばに牛肉とせりを合わせてましたけど、春菊の代わりにせり使ってもいいですね~。

■材料(1人分)

・牛ステーキ肉:1枚 約150g
・塩、こしょう:少々
・オリーブオイル:大さじ1

ガーリックライス
・春菊の葉みじん:1枝
・バター:10g
・醤油:小さじ1
・黒こしょう:少々
・ごはん:250g

ソース
・玉ねぎすりおろし:1/8個
・おろしにんにく:少々
・醤油:大さじ2
・酢:大さじ1
・みりん:大さじ1/2

■作り方

(1) 牛肉は常温に戻し、塩、こしょうをふる。フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、牛肉を両面1~2分程度焼いて取り出し、アルミホイルで包んで休ませる。フライパンにソースの材料を入れ、ひと煮立ちさせる。

(2) フライパンにバターを入れて中火で熱し、春菊を加え、さっと炒める。ごはんを加えてひと混ぜし、醤油、黒こしょうをふりかけ、全体をなじませる。

(3) 牛肉を食べやすく切り分け、(2)にのっける。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【春菊活用ごちそうレシピ】 「春菊と桜エビの玉子とじ丼」 釜揚げ桜エビの出汁がたまらない!

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.01.22(日)
文・撮影=しらいのりこ
イラスト=二村大輔