鈴木麻里子さん
家族:夫、蓮太郎君(小3)、桜輔君(年中)、菖馬君(1歳)

会社名:公文教育研究会(広報部広報チーム)
肩書き:KUMON now! 編集長
勤務体制:時間短縮勤務9:20~16:15(通常勤務は9:20~17:45)

 ストレートヘアーにメガネ、そしてナチュラルメイク。鈴木さんの第一印象は真面目な“きちんとさん”。一旦話してみると、穏やかでにこやかな表情を変えることなく、的確ピシャリな言葉がスルスルとわくように出てきて、小気味よいほど。

 社内結婚後、3人の男の子に恵まれた。ご主人は出産直後や子どもの体調不良時に休みをとるなど、共に子育てに奮闘してくれている。

 鈴木さん自身は、2003年に入社後、公文式教室のサポートをする事務局に勤務していたが、長男の育休復帰後、広報部広報チームへ。そして2015年4月に3回目の育休復帰を果たしたあと、オフィシャルサイト内のKUMON now!の編集長となる。

 KUMON now!は、かつて公文式で学び、現在は社会で活躍するOB・OGや、KUMONにゆかりのある知識人に対するインタビュー記事、及びKUMONグループの事業活動を紹介するトピックスを毎週更新しているWebマガジンだ。

 はじめてのママ編集長ということで、特に意識しているのは、インタビューの内容や表現での「母親目線」だ。

「今までのKUMONもしっかりと自分たちの思いを発信していました。けれども、自分が母親になって、母親の目線でもう一度受け止めたときに、それがストンと母親たちの腑に落ちているか気になりました」。

 だから自分の母親としてのアンテナに引っかかった言葉は大切に拾い、多くの母親や子育てに関係する人に記事を届けたいと感じている。

最近よく読まれた記事。お母さん方に、子どもの本選びの参考にしてほしいという思いで書いた。

<次のページ> 子どもができることを増やせば時短につながる

2015.07.16(木)
文・撮影=HITOMINA