この記事の連載

Genius! 世界に羽ばたいた“あずきとこおり”

 2023年2月には満を持し、オーストラリアのシドニーで「あずきとこおり」初となる海外イベントを行った堀尾さん。

 「現地の氷を使って全部で8種類くらいのかき氷を用意したのですけれど、みんなすごくいいリアクションをしてくれて、『Genius!(すごい! 天才!)』と、喜んでくれました。リンゴのシブーストを目の前で焼いたり、ジャガイモのかき氷の上にトリュフをすりおろしたりかき氷にも大喜びでしたね」。

 それとともに大人気だったのが、あずきと抹茶。「抹茶あずきメレンゲ」は、焼いたメレンゲとメレンゲクリーム、小豆、御餅を組み合わせた看板商品の「あずきとメレンゲ」に、奈良県月ヶ瀬「ティーファーム井ノ倉」の抹茶のソースをたっぷりと。抹茶の清々しさとメレンゲの甘みと香ばしさがおだやかに調和します。

 「コロナ禍が落ち着いてきて、海外からお店に来てくださるお客様も多くなりました。このかき氷という日本の文化を、まだ知らない人たちにしってもらいたいですし、驚きや喜びをどんどん広げていきたい」と、堀尾さん。

「かき氷の好きなところは、自由で縛りがないところ。甘かったり、しょっぱかったり、いろいろなものを入れて個性を表現できますし、氷自体も使う氷や削り方、押さえ方、シロップのかけ方などのさじ加減一つでまったく違うものになって、他の人と絶対にかぶることはありません。その点はお寿司と似ていますね。旬の素材を贅沢に使って季節の味を感じていただき、かき氷でアシェット・デセール(皿盛リデザート)を表現していくのが私のスタイル。これからも喜んでいただけるメニューをどんどん作っていきたいと思います」

 さらにはなんと、来年頃までには海外で1~2店舗、かき氷店をオープンさせる計画もあるとか! 日本の氷を使えるかどうかは今のところ未定ですが、食材は現地のものを使う予定で、「日本では作れないようなかき氷ができるのでは?」と、堀尾さん自身も期待を膨らませているようです。

 日本のかき氷が世界を席巻する日が、もう目の前に!?

あずきとこおり

所在地 東京都渋谷区代々木1-46-2 グランデュオ代々木 1F
電話番号 なし
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、不定休あり
※営業はWEB予約カレンダーやインスタグラムで確認のこと。支払いはキャッシュレス決済のみ
https://azukitokouri.com/

← この連載のはじめから読む

2023.03.21(火)
文=瀬戸理恵子
撮影=榎本麻美