この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

» きのうのレシピ「海苔としらすのっけビーフン」


vol.267 ひじきマヨ丼

ひじきマヨ丼。
ひじきマヨ丼。

 ひじきとツナ、実はけっこう相性がいい。煮しめ的な味もいいのですが、「マヨ×醤油」でごはんとも合うのが面白い。玉ねぎのみじん切りがポイントです。

■材料(1人分)

・ひじき(戻した状態):20g
・ツナ(水煮):大さじ1と1/2
・玉ねぎ(みじん切り):大さじ1と1/2
・醤油:小さじ1
・マヨネーズ:大さじ1/2
・ごはん:1膳分
・刻んだ青ねぎ:お好みで

■作り方

(1) ボウルにひじき、玉ねぎ、醤油、マヨネーズを入れてよく和える。

(2) ごはんに(1)をのせて、刻んだ青ねぎをふる。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【サーモン×アボカド】アレンジ丼 サッと焼くとまた違ったおいしさ! 柚子胡椒マヨネーズでどうぞ

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.04.07(金)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔