この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、白央さん。

» きのうのレシピ「おいなりさんのっけ弁当」


vol.179 食べれば麻婆丼

 豆腐をチンして、肉みそだけ作って「食べたら口の中で麻婆豆腐!」という思いつきから出来たレシピです。なるたけ最小限の手間で麻婆豆腐的なものを作ってみたいな、と。おすすめのラー油があるので、合わせてご紹介しておきますね。

■材料(1人分)

・豆腐:100g
・豚ひき肉:100g
・にんにく:3g
・油:小さじ1
・刻み長ねぎ、いりごま、ラー油:各適量
・ごはん:適量

A
・醤油、味噌、酒、みりん:各小さじ2
・小麦粉:小さじ1/2

■作り方

(1) 豆腐は一口大の角切りにしてレンジ対応の容器に入れ、500ワットで3分ほど加熱する。Aを容器に入れてよく合わせておく。

(2) にんにくをあらみじん切りにする。

(3) フライパンに油をひいて中火にかけ、(2)、豚ひき肉を加えてほぐしつつ炒める。

(4) 豚肉の赤いところがなくなったら、Aを加えてよく全体を混ぜる。

(5) 器にごはんを盛り、豆腐、(4)をのっけてねぎ、いりごま、ラー油を適量かける。

 麻婆豆腐や担々麵におすすめのラー油といえば、これ。エスビー食品の「四川風ラー油」、私は100均ショップで買っています。今回の肉味噌を豆腐にのっけて、ねぎとこの辣油でおつまみにするのもいいですよ。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む【ごはんが止まらないレシピ】 ねぎ味噌柚子マグロ和えのっけ丼 冬のお楽しみ“ねぎ味噌”活用術も

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.01.09(月)
文・撮影=白央篤司
イラスト=二村大輔