この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、しらいさん。

» きのうのレシピ「鶏ごぼう卵とじのっけごはん」


vol.16 パプリカチキンのっけごはん

パプリカチキンのっけごはん。

 半端なパプリカがあったので、ハンガリー料理のパプリカチキンを作ることにしました。

 本場のパプリカチキンは、サワークリームを使ったこってりしたものだけど、今回はあっさりスタイルで。「同じ色は相性がいい」法則通り、トマトとパプリカも好相性。ごはんはターメリックライスにしました。華やかで気分もあがります。

■材料(2人分)

・鶏手羽先:6本
・パプリカ(赤)みじん切り:1個
・トマト水煮(ダイス) :150g
・玉ねぎみじん切り:1/4個
・にんにくみじん切り:1片
・バター:10g
・オリーブオイル:大さじ1
・赤唐辛子(種をはずす):1本
・塩:小さじ1/2~1
・砂糖:小さじ1/2

【ターメリックライス】
・ごはん:炊きたい量
・ターメリック:適量
・バター:適量

【付け合わせ】
・インゲン:適量
・バター:適量

■作り方

(1) 鍋にオリーブオイルを入れて、鶏手羽先を皮側から並べ入れ、中火で熱する。

(2) 2分ほど焼いたらひっくり返し、にんにく、赤唐辛子、玉ねぎ、パプリカを入れて炒める。

(3)トマト水煮、水1/2カップ、砂糖を入れて蓋をして10分煮る。

(4)バターを加えてひと混ぜし、塩で味を調える。

 ターメリックライスは、ごはんを炊くときにターメリック少々とバターを少し入れるだけ。付け合わせのインゲンは縦に切ってバターでソテー。

 この縦に切る作戦、すぐに火が入るし、食感も良く、なんだか洒落た感じになるので気に入ってます。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

「暮らしと食」がテーマのフードライター。日本各地のローカルフードに詳しい。著書に『自炊力』(光文社新書)など。オレンジページやメトロミニッツなどでコラム連載中。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

次の話を読む【トーストのアレンジレシピ】 甘酢野菜のっけチーズトースト 野菜がうまく使い切れないときに!

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2022.07.30(土)
文・撮影=しらいのりこ
イラスト=二村大輔