#10 今なぜ、美容液より化粧水の方がパワフルに魅力的に見えるのか?

 主役は美容液で、化粧水は消耗品、そんなイメージがあったが、今や化粧水こそ主役級、最先端の成分や機能を搭載させるのがトレンドだ。

 でもなぜ? 美容液は成分を運ぶのが得意だが、正直あまり個性を出せない。

 でも化粧水は濃度、粘性、透明不透明、色など様々な演出ができ、個性を伝えやすいのだ。

 ましてやみんなが毎日必ず使う、そこに際立った効果を搭載できれば、それに越したことはないとの考え方。だから今は最新鋭の化粧水が買い!

アルビオン

フリーダイヤル 0120-114-225
https://www.albion.co.jp/

ロート製薬 オバジコール

電話番号 03-5442-6098
https://www.obagi.co.jp/

#11 アトピーを治す化粧品にこそ真実あり?

 アトピーが社会問題化して半世紀近くが経つが、未だ特効薬がない。といっても研究は日夜続けられ、最近ではオゾンの研究に取り組む製薬会社がアトピーに効く成分を発見。

 それが実はシミもくすみも軽減する事がわかり、密かに話題となっている。

 美白化粧品としてデビューを果たしたが、結局のところアトピーに効けば全方位的に肌を良くするという、思いがけなくも説得力ある真実がそこに見え隠れ。見事な全方位マルチコスメが期待できそうだ。

メディプラス製薬

フリーダイヤル 0120-196-418
https://fibonacci.jp/

齋藤 薫 (さいとう かおる)

女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト/エッセイストに。女性誌で多数のエッセイ連載を持つほか、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。CREAには1989年の創刊以来、常に寄稿している。

Column

齋藤 薫 “風の時代”の美容学

美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍する、美容ジャーナリスト・齋藤薫が「今月注目する“アイテム”と“ブランド”」。

2022.06.30(木)
文=齋藤薫
撮影=釜谷洋史

CREA 2022年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

いま、自分に戻る旅。 楽しいひとり温泉

CREA 2022年夏号


いま、自分に戻る旅。 楽しいひとり温泉

特別定価950円

「CREA」2022年夏号の特集は「ひとり温泉」です。日本全国の選りすぐりのひとり温泉宿をご紹介。口福な「お取り寄せ別冊」もついた保存版です。