何必館・京都現代美術館キュレーター[梶川由紀さん]

京都府生まれ。パリ・マレ地区にあるヨーロッパ写真館(MEP)の立ち上げに携わる。帰国後、何必館・京都現代美術館にて活動中。国内外の展覧会の企画や写真集の編集、執筆活動などを行っている。

◆お悔やみに

大與「お米のろうそく 1号1箱+燭台」

「ご家族を亡くされた友人に。お悔やみのお手紙と一緒にお米のろうそくを贈りました。和ろうそくの光は輝きが優しくてきれいです。蝋の垂れや煙もあまりなく長持ちします。ご冥福をお祈りする気持ちを込めてお贈りしました」

大與

電話番号 0740-22-0557 
https://warousokudaiyo.com/

◆フランスの友人と靴下交換

「モヘアの手編みの靴下(アルデッシュ地方のもの)」

中村忠三郎商店「シルクの靴下」

「品質のよい日本製の靴下は海外で喜ばれます。そのお返しも靴下! 美しい色合いを見るだけでフランスに思いを馳せることができ、モヘアの手触りと手編みの温かみは履くたびに元気に」

中村忠三郎商店

電話番号 075-431-1331
https://www.nakachuu.shop/

◆プチギフト

ACRYLIC「gumイヤリング」

「友人へのギフトで喜ばれるのは、ACRYLICのアクセサリーです。なかでもgumイヤリングは手軽に楽しめます」

2022.05.03(火)
Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)
Photographs=Hirofumi Kamaya

CREA 2022年冬号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル

CREA 2022年冬号


贈りものバイブル

特別定価900円

「CREA」2022年冬号の特集は、「贈りものバイブル」。待ちわびていたその日をより特別なものにしてくれる、そんなとっておきの贈りものを集めてみました。