ニューシネマを代表するロードムービー

『イージー★ライダー』

 メキシコから麻薬を密輸し、一儲けした男たちが、バイクで一路南へ放浪の旅に出る。ドラッグ、人種差別、ベトナム戦争など、’60年代のアメリカが抱える問題を描いたアメリカン・ニューシネマ。

「60’sロックの原体験がこの映画です。’60年代の広大なアメリカと珠玉のロックの名曲たち。幼少期に初めて観て、まさかの衝撃の結末に愕然」(MELRAWさん)

『イージー★ライダー』

U-NEXTにてデジタル配信中
RETURN OF THE LIVING DEAD, THE © 1984 CINEMA '84, A GREENBERG BROTHERS PARTNERSHIP. All Rights Reserved

生き別れた弟を探す芸者とのほのかな恋

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』

 シリーズ第27弾。

 「笑福亭松鶴師匠や芦屋雁之助を観られるだけで感無量。山田洋次監督はよく落語家を起用するので、とても嬉しいし、実際一流の落語家は役者としても独特な存在感がある。それが喜劇人渥美清と丁々発止の掛け合いをするのだからたまらない。

 寅さんの機転と気遣いに、そのモテる理由を知った気がする」(瀧川鯉八さん)

『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』

デジタル配信中
4Kデジタル修復版 Blu-ray:3,080円
HDリマスター DVD:1,980円
発売・販売元:松竹  ©1981/2019 松竹株式会社

古牧ゆかりさん

スタイリング/ビジュアルディレクター。ファッションやインテリアのスチールほか、ムービー制作のビジュアルディレクションなども手がける。https://yukari-komaki.com

瀧川鯉八さん

1981年生まれ。落語家。2006年瀧川鯉昇に入門。新作落語の天才と注目され、’20年真打昇進。アキ・カウリスマキ監督が好きで、 フィンランドでロケ地巡りをした経験も。

辻川幸一郎さん

1972年生まれ。映像作家。日常にふと浮かび上がる妄想や幻覚を子どもの手遊び感覚で映像化する。MV、 CM、 ショートフィルムなど多岐にわたって活動中。

藤井道人さん

1986年生まれ。映画監督。映画『新聞記者』では日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。オムニバス映画『DIVOC-12』「名もなき一篇・アンナ」が今秋公開予定。

MELRAWさん

1989年生まれ。ミュージシャン。ジャンルを超えてシーンをつなぐマルチプレイヤー。映画『ゾッキ』の音楽プロデュースも。最新シングル「With You」配信中。

吉開菜央さん

1987年生まれ。映画作家・ダンサー・振付家。写真家の石川直樹とタッグを組み、監督・出演した映画『Shari』が10月23日より渋谷ユーロスペースほかでロードショー。

9人の映画好きが選ぶ
“今なりたい気分”に寄り添う名作映画

2021.10.12(火)
Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

CREA 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

明日のためのエンタメリスト

CREA 2021年秋号


明日のためのエンタメリスト

特別定価860円

CREA9月発売号は「エンタメ」特集。家に籠る時間が長くなって、あらためて“エンタメ”の力に気づいた人は多いのではないでしょうか。疲れた時こそ、観て、聴いて、読む。心身どっぷり浸ってもいいし、何も考えず笑うだけでもいい。ドラマ、映画、ラジオ、舞台、本、マンガを中心に、明日への活力となるリストをお届けします。