思い切り泣きたい、声を出して笑いたい。なりたい気分に映画でアプローチ。リアルを忘れてしばし別世界へ没入できる作品を映画好きのみなさんに教えてもらいました。今回は、出かけられない日々にこそ必要な「異空間へDive」できる8作品をご紹介します。


独特の映像美と音の風景に引き込まれる

『闇のあとの光』

 メキシコの鬼才カルロス・レイガダス監督による衝撃作。

 「夕暮れ時、少しぬかるんだ地面が広がる大地に、幼子がよちよち走り回っている。ぴちゃぴちゃした水音、幼子の声、息遣い、獣たちのざわめき、遠雷の轟きなどのサウンドスケープが、日が落ちて、闇が深くなるほど美しく際立ってきます。

 極上の悪夢のような、この冒頭シーンが大好きです」(吉開菜央さん)

『闇のあとの光』

DVD:4,950円
発売元:日本スカイウェイ
販売元:ブロードウェイ
©No Dream Cinema, Mantarraya Productions, Fondo para la producción Cinematográfica de Calidad(Foprocine-Nexico), Le Pacte, Arte France Cinema

「全知」ってつらい! 人が神になる惑星

『神々のたそがれ』

 構想35年、製作に13年をかけたロシアの巨匠アレクセイ・ゲルマン監督の遺作。

 とある惑星アルカナルに地球から調査員が派遣されるが、彼らが目にしたものは……。

「最初から最後まで強烈なインパクト。完璧に作り込まれた美術、衣装。地球よりも800年ほど遅れた文明を持つ惑星を舞台にしたSF映画で、とんでもない世界観です」(辻川幸一郎さん)

『神々のたそがれ』

Blu-ray:2,420円
販売・発売元:アイ・ヴィー・シー
©2013 Studio Sever (Russia), Russia 1 TV Channel(Russia)

2021.10.12(火)
Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

CREA 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

明日のためのエンタメリスト

CREA 2021年秋号


明日のためのエンタメリスト

特別定価860円

CREA9月発売号は「エンタメ」特集。家に籠る時間が長くなって、あらためて“エンタメ”の力に気づいた人は多いのではないでしょうか。疲れた時こそ、観て、聴いて、読む。心身どっぷり浸ってもいいし、何も考えず笑うだけでもいい。ドラマ、映画、ラジオ、舞台、本、マンガを中心に、明日への活力となるリストをお届けします。