サクマ製菓とコラボしたのど飴
缶のレトロな絵柄がたまらない

「かりんのど飴」

 中川政七商店とサクマ製菓がコラボして誕生した、かりんのど飴です。サクマ式ドロップスらしいレトロな絵柄がすっごくキュート。

 開けるとカラフルなドロップが出てくるかと思いきや、緋色一色の飴たちがごろごろっと。なんて、ステキ。

 飴の形もバリエーションがあり、キラキラと煌めく宝石のような美スィーツなデザイン。かりんの果汁を含んだスーッとした甘さは、毎日一個ずつなめたくなります。食べ終わったら、缶を飾っても!

中川政七商店

販売店舗 東京本店ほか、全国の直営店
※店舗により取扱いがない商品あり。詳細は店舗へ問い合わせを。
https://www.nakagawa-masashichi.jp/staffblog/storelist/?mode=brand

スイーツなかの

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。特注オーダーのパンケーキハットをトレードマークに、唯一無二の“スイーツ芸人”として活動。和菓子・洋菓子ともに老舗の名店からコンビニまで多ジャンルのスイーツを、今まで5,000種類以上食べ歩いた。日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員でもあり、その確かな知識でテレビ、ラジオ、雑誌など多数メディアに出演。スイーツのプロフェッショナルとして、ライター、商品監修、セミナー講師など幅広いシーンで活躍中。
Blog「スイーツ芸人スイーツなかののお菓子な日記」 https://ameblo.jp/sweetsnakano/
Twitter https://twitter.com/buuuuuton
Instagram https://www.instagram.com/yorosweets/
You Tube「スイーツチャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UC2GUdm13bRqc5k2QTqsCZ-g

Column

スイーツなかのの「よろスィーツ月報」

5,000種類以上ものスイーツを食べ歩いた実績を誇り、今も日々その数を更新中のスイーツ芸人のスイーツなかのさんが、実際に食べておいしかった今いちおしの旬なスイーツを自信を持ってお届け!

2019.08.31(土)
文=スイーツなかの
撮影=深野未季