営業時間は週4日の夕方から
こだわり溢れる人気アイス店

#03
Studio du Double-V

壁いっぱいに描かれたイラストが目印。

 中山駅から徒歩約10分、台北一の歓楽街と呼ばれる林森北路の5條通りで夕方から夜のみ営業する「Studio du Double-V」。

 営業前から開店を待つ地元の常連客や、お酒の後の〆でアイスを求める方々が集う穴場的な店。

 ここまで人気があるにもかかわらず週4日しか営業しないことからもこだわりが感じられます。

 天気や仕入れる食材によりフレーバーを決めているそうで、毎日変わるメニューは全9種。

 今回食べたアイスを次はいつ味わえるか分からないといった面白さがあるのが特徴です。

その日の天気や食材により、フレーバーが決められるというこだわり。

 理系男子だったオーナーは大学時代のアルバイト先でスイーツに出会ったことがきっかけとなり、パティシエになるべくフランスへ留学。

 そこでジェラートの美味しさに魅了され、様々な修業を重ね台湾へ帰国。

 その後食品会社に勤務しましたが2016年6月に「台湾でおいしいジェラートを提供する店を開きたい」と、この場所に念願の店を構えました。

 店は壁に描かれた悪魔のイラストが目印。元々教会だったビルに描かれたこの悪魔のイラストには、神聖な教会へ悪魔がわざわざ訪れるほど美味しいアイスが食べられる、というユニークな意味が込められているのだそう。

毎日変わるメニューは全9種。

 夏はジェラート、冬はソルベを中心としたメニューが揃うこの店は、1カップ2種入り120元で注文前に試食もできます。

 旬のフルーツを使ったジェラートはもちろん、運が良ければ白味噌、オリーブオイルを使った変わり種にも巡りあえるのだとか。

 今回4種のフルーツを使った「四色果」に、アプリコットとパッションフルーツを使った「百香杏桃」をセレクト。

 「四色果」は、台湾ではお祝いの際必ず神棚にお供えする縁起の良いフルーツを使ったジェラート。

 リンゴは平安、オレンジは物事が全てうまく進む、桃は長寿、キウイは子宝に恵まれるといった意味があります。

 素材の味が生かされた甘酸っぱさとすっきりした味わいに一瞬で暑さを忘れられそうです。

店のキャラクター「悪魔」に見立てた2個のクッキーも可愛らしい。

 旬の素材を使ったフレーバーや、台湾だけの限定メニュー。今回は旅行の素晴らしい思い出の味となりそうな3店のアイスクリームをご紹介しました。

 まだ暑いシーズンだからこそさらにおいしく感じるひんやり冷たいアイス、見た目も可愛いアイスをぜひ堪能してください。

Studio du Double-V

所在地 台北市中山區林森北路85巷3號
電話番号 02-2568-3316
営業時間 木・金曜 17:30~22:30、土・日曜 15:30~22:00
定休日 月・火・水曜
交通 MRT中山駅2番出口から徒歩約10分

矢作 晃之(やはぎ てるゆき)

埼玉県出身。最近は会う方から「日本語上手ですね」と言われますが100%日本人です。日本での台湾関連旅行会社勤務を経て中国語の勉強の為に30代で中国語レベルゼロからの留学を決意。その後、初めてコーディネーターという仕事に巡り合い、台湾で会社を立ち上げおかげさまで10年を超えました。
現在はTVロケや雑誌取材のコーディネーターとして日々たくさんの方に新しい台湾を一生懸命探しながら紹介いたしております。CREA WEB読者の皆さんに喜ばれる、使える、役に立つ情報を発信させていただこうと思っておりますのでどうぞ宜しくお願いいたします!!

Column

台湾ぶらぶら食べ歩き

現地在住の日本人コーディネーター矢作晃之さんがお伝えする、台湾グルメてんこもりレポート!
高級レストランからB級グルメまで情報満載です。

2019.09.04(水)
文・撮影=矢作晃之