いよいよ機内、ANA FIRST SQUAREへ!

ファーストクラスにはボックス型のシートが8席。立ち上がっても隣の方は見えないくらいプライバシーが守られている。

 というわけで、出発時刻の10分前に搭乗。なのに、座る前にシートの写真を撮りまくるという傍若無人ぶり(笑)を、笑顔で迎えてくださったCAさんたちに感謝しつつ着席した。ANAのシートは、「ANA FIRST SQUARE」という名称だ。その名の通り長方形の四角いボックス型のシートとなっている。1-2-1という並びが2列、8席だ。

背もたれ側から前方を見るとこんな感じ。窓の半分は隠れているけれど、プライベート感たっぷりで落ち着く。

 私が指定したシートは1A。最前列の窓側だ。反対側の2列目にもうおひとりの乗客がいらした。どのような方なのか、パーテーションがあるのでお顔も拝見できない。プライバシーが守られているのだ。対するCAさんもおふたり。なんとも贅沢なフライトとなった。

 ボックス型のシートは収納スペースがたっぷりあって、手荷物も前方の下に収納できるようになっている。カメラ等は手元に置きたいし、途中でパソコンも使いたいので、いちいち上に上げなくていいというのは助かる。

リモコンやヘッドホン、電源、USBポート、iPod接続ポート、ライトの操作ボタンが収納されているユニット。

 シートの通路側の外側には、ジャケットを収納できるハンガーラックがあったり、DON'T DISTURBのサインを中から操作して点灯できるようになっていたりする。窓側にはリモコンやヘッドホンの収納棚や、電源、USBボート、iPod接続ポート、ライトの操作ボタンなどがすっきりと配置されていて使いやすい。その分、窓側族の私としては、窓が遮られてしまうのはちょっぴり寂しいけれど。

リモコンの収納棚を開けると、扉の内側が鏡になっている。

 23インチの大型液晶テレビの下からはテーブルを引き出すことができるようになっているけれど、それとは別に、窓側から小さなテーブルを引き出すことができる。このふたつ、高さが変えてあるので、同時に使用することができるという優れもの。

離陸前のウエルカムシャンパンは控えめに。高級シャンパンは上空で開栓される。

 離陸前の飲み物は、もちろんシャンパン。でも、ここで欲張ってはいけない。高級シャンパン(ANAの場合はKRUG)は上空で気圧が安定してから開栓されるので、離陸前には喉をうるおす程度に留めておくべし。

上下で色が違うリラックスウェア。とても肌触りがいい。

 離陸した後は、すぐにリラックスウェアに着替えてくつろぐことに。このウェアは、ポーチに収納できて持ち帰ることができる。トップはファスナーで前開きの淡いグレー、パンツはトップスよりも少し濃いグレーのスウェットだ。

席の余裕があるので、隣のシートでベッドメイキングをしてくださった。寝返りも充分できる広々サイズ。寝具は、テイジンの高機能繊維「ナノフロント」を使用して東京西川の最新技術で創りあげたという超軽量コンフォーターに、体圧分散に優れた東京西川の特殊立体構造マットレス「AiR」、枕は「エンジェルフロート」。そして、オーガニックコットンと高級カシミアを使った毛布などが極上の眠りを約束してくれる。

 さて、ここからたくさん美味しいものをいただこう!

<次のページ> 美味しい機内食は胃袋のキャパを超える?

2016.11.16(水)
文・撮影=たかせ藍沙