【秋の食材】かぼちゃ

 「かぼちゃ」は昔から体の抵抗力を高める作用が知られてきました。

 風邪をひきにくい体作りに必要な免疫力をアップさせる効果と、肌や粘膜を丈夫にしてくれる効果があり、健康・美容面でとても頼れる食材です。豊富に含まれるベータカロテンは、共に含まれているビタミンC、Eが一緒に働くと、互いの抗酸化作用を強めることができ、アンチエイジングにも役立ちます。

 冬至にかぼちゃをいただく理由は、体調を崩しやすいこの時期、胃腸に優しく栄養たっぷりの食材であり、体を温めてくれるところからきているのでしょう。 天然の予防接種効果を狙って、かぼちゃを日々の食事にどんどん取り入れていきましょう!

◆「かぼちゃ」のマクロビレシピ

かぼちゃの煮物 タカキビのあんかけソース

 ほくほくとおいしいかぼちゃのあんかけソース。ひき肉のかわりに使うのはたかきびです。味もしっかり、食べごたえもばっちりで、主菜としてもいける一皿です。

» レシピをみる

秋野菜の揚げびたし

 ああああああああああああああああああああああああああああああああ。

» レシピをみる

<次のページ> 【秋の食材】きのこ

2016.10.16(日)
文=中村恭子
撮影=秋元良平