#075 Koh Lanta
ランタ島(タイ)

プーケットのその先を目指すツーリストが注目した島

サラダン港近くにあるメインビーチのひとつ、クロンダオビーチ。砂はややベージュ。遠浅の海です。

 2000年代初頭、プーケットからその先の島を求めるツーリストの前に、彗星のごとく現れた(というか、一躍注目を集めた)のが、同じくアンダマン海に浮かぶランタ島。点在する52の島々からなるランタ諸島のうち、中心的な存在のランタ・ヤイとランタ・ノーイの2つの島を指します。

ほかのホテルからもゲストが食事に訪れる、ツインロータス・コ・ランタのレストラン。

 ランタ・ヤイは約27キロ続く西海岸に9つのビーチが連続し、町や宿泊施設がある滞在の拠点。一方のランタ・ノーイは面積のほとんどをマングローブ林が占め、観光とは縁遠い存在。そんなランタ島の名前が世に広まったのは、アジアの隠れ家リゾート・ブームが巻き起こっていたご時世とも時期が重なったからでしょう。

ツインロータス・コ・ランタのコンセプトは“大人のためのリゾート”。ゲストは18歳以上オンリー。

 話題を呼んだリゾートホテルはアジアの意匠を凝らしたピマライ・リゾート&スパや、シャープな印象のコスタ・ランタなど。これらの瀟洒なアジアンヴィラに滞在するパッケージツアーが当時は大人気。ランタ島はお祭り騒ぎのように盛り上がっていました。

<次のページ> 日本以外ではまだまだ高い人気を保っていた?

2015.12.19(土)
文・撮影=古関千恵子