この記事の連載

 1981年、尾山台に誕生したオーボンヴュータン。以来、実に40年以上にわたり、伝統的なフランス菓子を作りつづけています。

 唯一無二のおいしさと、ひとつひとつのお菓子が持つストーリー。79歳の今日も元気に厨房に立つ河田勝彦シェフが語るフランス伝統の焼き菓子のおいしさとは?

 【毎日オーボンヴュータン】でお会いしましょう!


#02 ガトー・ブルトン(GATEAUX BRETONS)

 厚焼きのサブレを思わせるような大きな円形に焼き上げる、ブルターニュ地方を代表するお菓子のひとつ。

 バターと卵をたっぷり使い、色とりどりのドライフルーツを混ぜこんだ生地は、表面は艶やかに香ばしく焼き上げられ、口に入れると「ほくっ」と崩れて、中はややしっとり。

 サブレともケーキともつかないこの食感がなんとも魅力的で、卵とバターのまろやかな風味とともに、フルーツの味わいが豊かに広がります。

 じんわりとした塩気も後を引き、「素朴さとリッチさが入り混じる、ブルターニュらしいお菓子」と、河田シェフ。

» 毎日オーボンヴュータンの写真全て見る

河田勝彦(かわた かつひこ)さん

1944年東京生まれ。まだ菓子職人がフランスに渡ることが少なかった時代に、8年間フランス各地で修業を積む。1981年に「オーボンヴュータン」を開店。古き良きフランスの伝統を貫き、骨太な菓子で日本のフランス菓子界を牽引し続ける存在だ。

AU BON VIEUX TEMP(オーボンヴュータン)

所在地 東京都世田谷区等々力2-1-3
電話番号 03-3703-8428
営業時間 10:00~17:00
定休日 火・水曜
https://aubonvieuxtemps.jp/

※ラインナップ、価格等は2022年取材当時のものです。

次の話を読む【毎日オーボンヴュータン #03】 キャラメル×フランボワーズの層がたまらない「カレ・アルザシアン」

← この連載のはじめから読む

2023.07.16(日)
文=瀬戸理恵子
撮影=合田昌弘