この記事の連載

 のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

 きょうの当番は、しらいさん。

» きのうのレシピ「白央的サラダ蕎麦」


vol.354 トマトの卵炒め、しらすのっけごはん

トマトの卵炒め、しらすのっけごはん。
トマトの卵炒め、しらすのっけごはん。

 この連載で、相方白央さんに影響されて一番使うようになった食材はおそらく「しらす」。冷蔵庫に常備して何かと使うようになりました。

 今日はトマトの卵炒めにしらすをのっけて。このトマトの卵炒めは一度に炒めず、卵を炒めてから一旦取り出して、炒めたトマトと合わせると綺麗に仕上がります。ほんのひと手間ですが、これ、かなり大事。

■材料(1人分)

・卵:2個
・ナンプラー:小さじ1

・ミニトマト:5個
・オイスターソース:小さじ1

・米油:大さじ1
・ごま油:小さじ1

・しらす:大さじ1
・大葉:1枚
・ごはん:適量

■作り方

(1) 溶き卵にナンプラーを混ぜる。ミニトマトは半割にする。

(2) フライパンに米油を入れて中火で熱し、溶き卵を流し入れ、へらで大きく混ぜて取り出す。

(3) 続けてごま油を入れて中火で熱し、ミニトマトを炒める。ミニトマトに焼き色がついたらオイスターソースを加えてひと混ぜし、(2)を加えてサッと混ぜて取り出し、ごはんにのっける。しらすと大葉をちぎってのせ、混ぜながら食べる。

おいしいもののっけ隊(隊員2名)

白央篤司(はくおう あつし)

フードライター。「暮らしと食」、日本各地のローカルフードを中心に執筆する。新刊『台所をひらく 料理の「こうあるべき」から自分をほどくヒント集』(大和書房)が先日発売されたばかり。
https://www.instagram.com/hakuo416/


しらいのりこ

お米料理研究家。米農家出身の夫、シライジュンイチと共にごはん好きの炊飯系フードユニット「ごはん同盟」として、美味しいご飯の炊き方やお米の料理、ごはんに合うおかずなどのレシピ考案を行う。
https://linktr.ee/shirainoriko

» 連載「のっけて、食べる」レシピ一覧

次の話を読む常温で長期保存できるたんぱく源 「魚肉ソーセージ」のパンレシピ おすすめの食べ方は断然“ピカタ”!

← この連載のはじめから読む

Column

のっけて、食べる

のっけることで生まれる、新たなおいしさ。フードライターの白央篤司さん、ごはん同盟のしらいのりこさんが「のっけて、食べる」楽しさを、毎日交互にレシピ付きで綴っていきます。

2023.07.03(月)
文・撮影=しらいのりこ
イラスト=二村大輔