繰り返す毎日を、むしろ愛おしく感じる

『パターソン』

 街と同じ名前を持つ男の何気ない7日間をジム・ジャームッシュ監督が丹念に演出。

 「日々の小さな変化にハラハラ、ドキドキしてしまうことがあること、次の日も同じ安心感があることが、こんなにも映画になること。

 電車に揺られながら素敵な場所を旅しているような、心地よいリズム・グルーヴ感が印象に残っています」(吉開菜央さん)

『パターソン』

Blu-ray:5,280円
DVD:4,180円
発売・販売元:バップ
©2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved

伝説となった天才スピルバーグの初期作

『激突!』

 当時25歳だったS・スピルバーグ監督を世界的に有名にした追跡劇。

 「追い越しただけで、顔も誰かも分からないトラックに執拗に追いかけられるという低予算を逆手に取るアイディアは、いま観ても怖ろしく、しかも面白い。

 いつの間にか主人公も狂気を宿してくる様子が必然をもって描かれる脚本にも度肝を抜かれます」(瀧川鯉八さん)

『激突!』

Blu-ray:2,075円
DVD:1,572円
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
©1971 Universal Studios. All Rights Reserved.

瀧川鯉八さん

1981年生まれ。落語家。2006年瀧川鯉昇に入門。新作落語の天才と注目され、’20年真打昇進。アキ・カウリスマキ監督が好きで、 フィンランドでロケ地巡りをした経験も。

菅原敬太さん

1977年生まれ。イベントクリエイター。服と甘味を求める“ファッショニスタ”で、“カンミニスタ”でもある。文化服装学院 非常勤講師も務める。http://www.synchronicity.jp/

藤井道人さん

1986年生まれ。映画監督。映画『新聞記者』では日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。オムニバス映画『DIVOC-12』「名もなき一篇・アンナ」が今秋公開予定。

吉開菜央さん

1987年生まれ。映画作家・ダンサー・振付家。写真家の石川直樹とタッグを組み、監督・出演した映画『Shari』が10月23日より渋谷ユーロスペースほかでロードショー。

9人の映画好きが選ぶ
“今なりたい気分”に寄り添う名作映画

2021.10.05(火)
Text=Ritsuko Oshima(Giraffe)

CREA 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

明日のためのエンタメリスト

CREA 2021年秋号


明日のためのエンタメリスト

特別定価860円

CREA9月発売号は「エンタメ」特集。家に籠る時間が長くなって、あらためて“エンタメ”の力に気づいた人は多いのではないでしょうか。疲れた時こそ、観て、聴いて、読む。心身どっぷり浸ってもいいし、何も考えず笑うだけでもいい。ドラマ、映画、ラジオ、舞台、本、マンガを中心に、明日への活力となるリストをお届けします。