「今日も楽しいねぇ」と ひとりラジオを満喫

岩井 ところで佐久間さん、よく毎週ひとりでラジオできますね。

佐久間 2日前くらいから楽しみなんだよね。「ラジオだ!」って。

岩井 マジすか(笑)。

佐久間 平日の真ん中の水曜日に、うまい飯やマッサージの予約を入れたのと同じ待ち遠しさ。

岩井 それいいですね。ラジオって聴くのと喋るのは違いません?

佐久間 いや、変わらなかった!

岩井 えー!!

佐久間 CM中、構成作家に「今日も楽しいねえ」って言ってる。

岩井 ネタが枯渇しないですか?

佐久間 多分これからじゃない? 岩井のラジオのフリートークは噓で成立してるからすごいよね。エッセイもそうだけど。

岩井 意外と、すごい出来事があった時のほうが気分が乗らないですね。脚色する必要がないなら、誰が話してもいいじゃんって。

佐久間 なるほどね。澤部は身の回りの話をするよね。子どもが初めて立つのを見られなかった話とか。子ども何人いるんだっけ?

岩井 3人目が生まれました。

佐久間 30代前半で3人子どもがいる澤部と、ひとり暮らしを始めた岩井のコンビか(笑)。

2020.06.06(土)
Text=Takako Sunaga
Photographs=Shota Matsumoto

CREA 2020年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

秘密の東京。

CREA 2020年1月号

知っているようでまだ知らない
秘密の東京。

特別定価840円

東京は、世界でも有数の、秘密に溢れた街だと思います。見慣れた場所でも、ちょっと視点を変えれば新しい発見がある。通り過ぎてしまっているものに目を向ければ、そこにはストーリーがあります。食、建築、カルチャーなど、今回は、そんな東京の魅力を掘り下げて取材。知っているようで知らない東京に出会えます。