娘さんのお弁当にって ふりかけが届くんだよ

岩井 他人でも口を出してきません? 

佐久間 出してくる。俺も会社の同僚にラジオの出方についてあれこれ言われると、「ラジオはテレビにちょっと映るのとは違うから」って思う(笑)。

岩井 今、佐久間さんの人気がすごいですよね。ラジオイベント(※1)の倍率もすごかったらしいし。

佐久間 自分が人気かどうかはさておき、30代後半から50代前半くらいの、サラリーマンからの番組への応援がすごい(笑)。

岩井 アハハハハ。

佐久間 息苦しい組織の仕事を頑張りながら、好きなことをやってる佐久間を応援しようっていう感じなのかな。

岩井 そっちになるのね(笑)。

佐久間 他のラジオのリスナーと違うと思う。お笑いファンが業界の裏側を知りたくて聴いてくれてるのかと思ったら、ラジオのイベントに来た層が全然違ってた。

 イベントでも駅のホームでも、話しかけてくる人がみんな、「今、不況で大変なんだろうな」っていう中年のサラリーマンばっかり。

岩井 佐久間さんみたいな仕事のやり方をしたいと思ってる人がいっぱいいるんじゃないですか。

佐久間 毎週ラジオの後に、俺が娘の弁当つくってるのを知ってるリスナーから「娘さんのお弁当のおかずに使ってください」って、ふりかけが送られてくる(笑)。そんなパーソナリティーいる?

岩井 家庭の感じが見えるのも親しみやすくていいんでしょうね。

2020.06.06(土)
Text=Takako Sunaga
Photographs=Shota Matsumoto

CREA 2020年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

秘密の東京。

CREA 2020年1月号

知っているようでまだ知らない
秘密の東京。

特別定価840円

東京は、世界でも有数の、秘密に溢れた街だと思います。見慣れた場所でも、ちょっと視点を変えれば新しい発見がある。通り過ぎてしまっているものに目を向ければ、そこにはストーリーがあります。食、建築、カルチャーなど、今回は、そんな東京の魅力を掘り下げて取材。知っているようで知らない東京に出会えます。