※この記事は、CREA2019年10月号に掲載されたものです。CREA WEBで一部公開していたインタビュー記事を、特別再編集して、全文公開します!

 2019年10月4日(金)に公開された映画『HiGH&LOW THE WORST』。ここで次なるテッペンを目指す高校生・楓士雄と司を、THE RAMPAGEでボーカルを務める、川村壱馬さんと吉野北人さんが演じた。

 この映画で演じたキャラクターのこと、そこから垣間見られたふたりの深い絆まで必見のインタビュー!


出会いから5年間 初対面のお互いの印象は?

 5年前の春のこと。

 ボーカル・バトル・オーディションの3次審査が終わったあとで、川村壱馬さんが、「北人くんだよね?」と声をかけてくれた時のことを、吉野北人さんは今もよく覚えているという。

 「『週刊EXILE』という番組がオーディションに密着していたので、番組を通して、お互いの存在は知っていました。

 でも僕はシャイなので『壱馬くんだ!』と思っても、なかなか話しかけられなかった。

 宮崎出身って、だいたいシャイなんです(笑)。でも初対面なのに、壱馬は大阪のノリで話しかけてくれて、『お!』って思った」(北人さん)

 「確かに、北人は全身からシャイな感じの雰囲気を醸し出していて、今よりずっと可愛い感じだった」と壱馬さんが言うと、

 「まだ17歳だったし、黒髪に太眉の垢抜けない感じで、『NARUTO』のロック・リーっていう太眉のキャラクターに似てるってメンバーによくからかわれてた」

 と、北人さんは昔を思い出して、少し恥ずかしそう。

 「でも、垢抜けてないのはお互い様。二人ともいい思い出だよね。オーディションの写真、削除してほしい」

 と壱馬さんが言い、二人は顔を見合わせて笑った。

2020.05.30(土)
文=菊地陽子
撮影=森本洋輔
スタイリスト=中瀬拓外
ヘアメイク=JANET(KIND/川村)、谷川一志(KIND/吉野)

CREA 2019年10月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

秋の夜長にきれいになる。

CREA 2019年10月号

朝がちょっと楽しみになる美容
秋の夜長にきれいになる。

特別定価840円

忙しい日々で朝はとにかく時間がない……でも最近は、夜時間や眠りに着目したアイテムが多く登場。朝から夜へケアタイムもシフトしやすくなってきた。だんだん過ごしやすくなる秋の夜こそ、スキンケアに時間をかけ、読書をしたり映画を観たり、至福の一杯を手作りしたり。明日のきれいのために、ゆっくり過ごしてみませんか?