日本各地から、おいしいパンが大集結! 街の名物店や話題のブーランジュリー、人里離れた名店まで、CREA読者の口コミを中心に63軒のパン屋さんをセレクト。

 今回は、北陸・甲信越エリアのご当地パンをご紹介!


◆富山県

ボリューム満点カツサンドをテラスで

 「PANDA PANDA」の天然酵母を使用した生地はスペイン製の石窯で焼きあげられ、その香ばしい焼きあがりも特徴。ペットOKのテラス席が併設されたベーカリーカフェはファミリー層で賑わっている。


◆新潟県

「八海山」の酒粕から生まれたパン

 「さとやベーカリー」は、八海山麓「魚沼の里」の一角にあり、日本酒・八海山の酒粕から起こした酒種や県産小麦を使用したこの地ならではのパンが評判。なかでも、ふんわりとお酒が香る酒種あんぱんが名物だ。


◆福井県

もっちり食感が人気の名物パンは?

 「PANTES365」は店の看板商品・あん食パンでお馴染み。独自に開発した長時間低温発酵の生地は、キメの細かいもっちり食感がクセになると話題に。季節ごとに新たな種類が登場するのも楽しみな限りだ。


◆石川県

低温長時間発酵で生地のおいしさ追求

 金沢中央市場で仕入れるご当地食材や、約15種類を使い分ける国内外の小麦粉など、安全とおいしさにこだわったパンに定評がある「パン・ド・ファンファーレ」。バターを練り込んだクレッセントが特に人気だ。


◆山梨県

ぶどうジュースで仕込んだパンが絶品

 「山梨パン工房 モンマーロ」は、“パンで幸せに”をモットーに、地産地消のパンづくりを行う。水を使わず山梨産ブドウ100%でつくる、ぶどうぱんは、まさにご当地パン的な存在。その他、ラインナップは約100種類!


◆長野県

北欧流の名店の店頭販売は土曜だけ!

 「haluta ueda」は、デンマークのパンに製法を学び、全粒粉や雑穀、乳酸発酵を取り入れた。身体に負担のかからないパンは口コミで人気に。ルブロは嚙みしめるとじんわりと旨みが広がる素朴な味わいだ。


47都道府県の
おいしいパンリスト

2019.06.02(日)
撮影=文藝春秋

CREA 2019年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

なんでこんなにパンが好き?

CREA 2019年6月号

おいしくて楽しくてみんなが夢中……でも
なんでこんなにパンが好き?

定価780円

毎日楽しめる、皆でシェアできる、そのままでも、調理してもおいしい、しあわせの香りがする……。パンってやっぱりいいですよね。それにしても、ブームが終わらず皆の心を掴んで離さないのはなぜ? そこで今回は、パンを愛する人たちに“好き”の理由を伺い、旬のトピックスを徹底調査。保存版のパンガイドができました。