ランドマークは“キングコング岩”

ちょこんと突き出た岩が、キングコング岩。見る角度で印象が変わります。(C)GIE TAHITI TOURISM - Bae Bin

 入り組んだ海岸線をもつ島は、ヤシの木やバニラ、バナナ、パンの木などの熱帯の樹木で覆われています。緑の山からちょこんと突き出たゴリラの頭の形に似た“キングコング岩”がランドマーク。

左:島の恵みであるフルーツを並べたスタンドが町に並びます。(C)GIE TAHITI TOURISM - J. Bourke Crespel
右:スイカが名産。島には広大なスイカ畑が広がっています。(C)GIE TAHITI TOURISM - Michel Aubert

 中心地は、フアヒネ・ヌイの北西部に位置するファレ。のんびり歩いても10分で踏破できるメインストリートに、南の島の暮らしに欠かせないスーパーやカフェ、土産物店などが並んでいます。夜にはルロット(ミニバンを改装したフードトラック)が登場することも。

祭殿の古代遺跡「マラエ」が、道路脇にひょこんと出没することも。(C)GIE TAHITI TOURISM - tim-mckenna.com

 ファレの近くには、「マラエ」と呼ばれる古代の祭殿跡が28カ所も残されています。フアヒネ島はオセアニアで五指に入るほどの歴史遺産の宝庫でもあります。

<次のページ> トップサーファーが賞賛する波の魅力

2017.11.04(土)
文=古関千恵子