七色の樹皮を持つレインボーツリー

遠くにポンペイ島のアイコン、ソケースロックを望んで。

 ポンペイ島はでこぼこと入り組んだ海岸線をもつ、直径ほぼ24キロの島です。これはミクロネシア連邦最大。ミクロネシア地域としては、グアム島、パラオのバベルダオブ島に次ぐ3番目の大きさがあります。

雨があがってもレインボーの傘をさしている島民。傘はおしゃれアイテム?

 島の中央に標高791メートルの高峰がそびえ、その周囲にも500メートル越えの山々が立ち上がった地形。この山並みに湿度たっぷりの雲がぶつかり、大量の雨を降らせます。

 年間の降水日は、約300日。と聞くと、ジトジトした島では? と思うかもしれませんが、雨はザッと降ってパッと止むスコール程度。そしてこの雨こそが、ポンペイ島の美しさを引き立てるのです。

七色の木も、雨に打たれて色味がより鮮やかに。

 雨上がりは、しっとりとした空気の中、緑はつやつやと光り、熱帯の花々は発色が豊かに。七色の樹皮をもつ木の幹の色も、より鮮やかに見えます。植物が精気に溢れているのです。そのせいか、ポンペイ島は “太平洋の花畑”との別名ももっています。

島の周囲はマングローブの密林で覆われています。シーカヤックで川を分け入っていくツアーも。

 豊かな水は40本あまりの川や、ケプロイの滝(オオウナギが生息)など、水量たっぷりの名瀑も生み出しています。そして、空を見上げれば、大きな虹が! 運が良ければ、ダブルレインボーを見られるかも。

高さ20メートル、幅30メートルの水量たっぷりのケプロイの滝。島の子供たちにとっては格好の遊び場です。

 ポンペイ島の内陸部はそんな鬱蒼としたジャングルが占め、周囲はマングローブの密林でぐるりと覆われています。

<次のページ> 周囲の海にはマンタなど大物も出現

2017.07.29(土)
文=古関千恵子