〆には裏メニューの烏龍炒飯を!

「はまぐりと黄ニラのピリ辛炒め」は取り分けて提供。

 「フカヒレと干し貝柱の春巻」(800円)や「はまぐりと黄ニラのピリ辛炒め」(1,350円)は厨房のハイカロリーバーナーで作りますが、「大餃子」(一個200円)や「鉄板スペアリブの豆鼓炒め」(1,890円)を注文すると、目の前の鉄板を使って仕上げるんだそうです。

大餃子は蒸してから鉄板で仕上げる。

 ならば、と餃子を頼むと、カウンターの脇にある巨大な蒸し器で蒸しあげ、鉄板の上に移してこんがりと焼き目をつけ、ソースをかけて仕上げます。そんな様子が目の前で見られるのですから、たまりません。見ているだけでお酒が進んでしまいます。

ワインや紹興酒、ハイボールなどお酒も充実。

 そうそう、お酒はビールや紹興酒のほかにワインもハイボールやあんず酒、ソフトドリンクもありますから、誰といっても問題ありません。

 いろいろ頼んだらけっこうお腹がいっぱいになって、最後の〆をどうしようかと思案していたところ、またもやシェフから、

「〆は黒板には書いていないんですが、シャンウェイの名物だった烏龍炒飯はどうですか」

 とすすめられました。鉄板の上で、香り高い凍頂烏龍茶と金針菜、ネギ油だけでシンプルに仕上げ、最後にパリッとしたおこげが乗っかった炒飯は、たしかに以前、シャンウェイで食べた懐かしい味。炒飯なのにさっぱりとした食感です。

裏メニューの烏龍炒飯。

 開店当初は様子を見ていたランチも現在は始めていて、これがまたお値打ち。

左:ランチもお値打ち。
右:ランチの油淋鶏。

 「サラダバー」がついて1,100円と、一見高そうですが、このサラダバー、手がかかったサラダが8種類以上あってお替りも自由。メインの料理もたっぷりあって、スープも美味しい。

ランチのサラダバー。

 これは昼夜、通ってしまいそうです!

遊猿
所在地 東京都新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2F
電話番号 03-6274-8987
営業時間 11:30~15:00(14:30 L.O.)/18:00~24:00(22:30 L.O.)、土曜・祝日 18:00~24:00(L.O. 22:30)
定休日 日曜
予算 6,000円前後
[2016年9月訪問]

小暮ひろみ(こぐれひろみ)
東京都生まれ。ライター&エディター。食業界全体にネットワークを張り巡らせ、「初物を逃すな」を合言葉に話題の店の一番乗りレビューに燃える。

Column

新店来訪! 美味しい出会いに一番乗り

ニューオープン、シェフやメニューが変わった店、面白い企画を立ち上げた店……などなど、なにかと「新しい」店を一番乗りで紹介するページ。「美味しい出会い」にご注目ください!

2016.10.17(月)
文・撮影=小暮ひろみ