◆ Patrick Mayer (パトリック・メイエー)

ナチュラルワインを極める“哲学者”

 卵(ウフ)型の醸造器の前で話すのはドメーヌを経営するジュリアン・メイエー氏。粘土と石灰で作る醸造器の中は陶器のような状態で、この中でぶどう品種の一種、リースリングを醸造する。すると、リースリングの持ち味であるデリケートさを最大限に引き出し、リラックスした状態のワインに導いていくという。

 「ワインがなにを言おうとしているかを引き出すことが私の仕事」という彼は、日本の農学者・福岡正信氏の自然農法に学び実践しているのだ。試飲で登場したブリオッシュも見事なおいしさで、彼の造るフレッシュなワインとの相性も抜群。手をかけて補正し過ぎることをせず、自然をそのまま瓶詰めしたような味わいは、ワイン初心者にとっても驚きを与えてくれる。

Patrick Mayer(パトリック・メイエー)
所在地 14 route du Vin,67680 Nothalten
電話番号 +33-3-88-92-60-15

<次のページ> ぶどうが育った環境を表すワインを造りたい

2015.12.24(木)
photographs=Taisuke Yoshida
cooperation=FranceAgriMer

CREA 2015年12月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル

CREA 2015年12月号

おいしいものからずっと使えるものまで
贈りものバイブル

定価780円