この記事の連載

スタジオドラゴンがリメイクしたい日本の作品は?

――和田さんは「ヴィンチェンツォ」以外にも韓国ドラマで好きな作品はありますか?

和田 「愛の不時着」! 僕は「愛の不時着」を見たのがちょっと遅かったんです。みんながいきなりこれ(指ハート)をやり始めたなと思っていたら「愛の不時着」を見て、この作品でみんなこれ(指ハート)をやってたんや! と気がついたという……。

――日本の「愛の不時着」ブームはすごかったですよね。ユさんは日本の映像作品はご覧になりますか?

 はい、見ています。

和田 どういう作品を見られているんですか?

 「アンナチュラル」というドラマで、米津玄師さんの「Lemon」という楽曲の「胸に残り離れない 苦いレモンの匂い」という歌詞がドラマの内容ととても合っていて気に入っています。

和田 「アンナチュラル」は最高のドラマでしたね。

 私自身、音楽も好きで、いろいろなジャンルの曲を聴くのですがJ-⁠POPで米津玄師さんを知り、彼がプロデュースしている歌手の音楽も聴いています。それから、あいみょんも。

和田 あいみょん! 韓国ですごく人気があるんですよね。

 今「コントが始まる」(日本テレビ系)という作品を見ているのですが、20代から30代の人生の悩みが題材になっていますよね。韓国でも全世界的にもこうした悩みは共通のこととして、IP(知的財産)で使えるんじゃないかととても関心を持っています。

 「真犯人フラグ」(日本テレビ系)は失踪事件を炊飯器というアイテムを用いることで、話題にさせるという発想(注:失踪したメインキャラクターが失踪当日にも炊飯器のタイマーをセットしていたことが報道され、炊飯器失踪事件として世間の注目を浴びることになる)がとても面白いですね。

 スタジオドラゴン自体がコンテンツ事業の会社なので、コンテンツをどのように面白くするのかという観点で関心を持って見ています。

和田 見方が面白いですね。

――スタジオドラゴンでリメイクしたいと思う日本の作品があれば、教えてください。

 「最愛」(TBS系)です。今の韓国のトレンドととても合うと思います。コロナ禍以降、人間関係、とくに家族が大事なキーワードとなりました。「最愛」ではその部分がとても深く描写されていますね。

和田 ぜひ! そのときは僕を使ってください(笑)。

――最後に「ヴィンチ​ェンツォ」のファンにメッセージをお願いします。

 日本のファンの方たちの期待は私たちの期待と同じだと思います。「ヴィンチェンツォ」の魅力はキャラクターなので、その感情を観客たちとどのように共感して、どのように解決するか、そして和田さん含め、他の出演者の方たちとどのような舞台を作ってくださるのか、とても期待できると思います。

和田 本当にただ僕は尽くすだけです。「ヴィンチェンツォ」を作られた方たちは命がけで作ったと思うので、それを裏切らないようにするのみです。それから、観客の皆様と一緒に「ヴィンチェンツォ」の世界を一緒に生きられるように尽くします。

 2人の対談の様子はYouTubeでも公開中!

» 「これまでの成長を見せられる作品に」ミュージカル「ヴィンチェンツォ」で和田雅成が挑む“新境地”

ミュージカル「ヴィンチェンツォ」

兵庫
2023年8月11日(金・祝)~13日(日) 全5公演 AiiA 2.5 Theater Kobe
東京
2023年8月18日(金)~21日(月) 全7公演 日本青年館ホール
大阪
2023年8月25日(金)~27日(日) 全5公演 サンケイホールブリーゼ
原作:ヴィンチェンツォ(製作:スタジオドラゴン 脚本:パク・ジェボム)
企画・プロデュース:エイベックス・ピクチャーズ
企画協力:スタジオドラゴン
出演:和田雅成、富田鈴花(日向坂46)、上田堪大、竹内將人、松井工、高原紳輔、伊藤裕一、中野郁海、柴崎咲子、古川雅達、高山裕生、伊東征哉、小林遼介、白木原しのぶ、西川大貴、鈴木壮麻、佐藤仁美
公式サイト https://vincenzo-musical.jp/
公式Twitter @Vincenzo_stage

和田雅成(わだ・まさなり)

1991年9月5日生まれ、大阪府出身。趣味・特技は野球、殺陣、読書など。2013年に舞台でデビュー。主な出演作に舞台「おそ松さん on STAGE~SIX MEN'S SHOW TIME~」「刀剣乱舞」「呪術廻戦」など。


ユ・ボンヨル

スタジオドラゴン コンテンツ事業・運営統括 兼 コンテンツ運営局局長。スタジオドラゴンが制作するドラマIPと事業化が可能なIP要素の開発を通して、韓国ドラマ作品の価値を最大化するために、新たなコンテンツサイクルを構築。同時に、コンテンツの制作基盤システムも整備することで、より効率的なドラマ制作の基盤を築く。スタジオドラゴンの代表作品である「ヴィンチェンツォ」、「愛の不時着」、「還魂」、「シスターズ」など、多くの人気を集めてきたドラマIPを新しいエンターテインメントとして提供し、韓国ドラマの魅力を全世界のファンに伝えることに貢献できるよう尽力している。

衣装クレジット

(白ジャケット)
ジャケット 66,000円、Tシャツ 15,400円、パンツ 30,800円
(以上全てHOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE/ISSEY MIYAKE Inc. 03-5454-1705)
ネックレス 13,200円(HERGO/ROLE 株式会社 03-6380-4836)
イヤーカフ 6,600円(amp Japan 03-5766-8570)
その他スタイリスト私物

(緑セットアップ)
ジャケット 74,800円、Tシャツ 19,800円、パンツ 35,200円
(以上全てANEI/JOYEUX 03-4361-4461)
その他スタイリスト私物

← この連載のはじめから読む