●「道後オンセナート2022」

 温泉にゆっくり浸かって体を癒やし、アートで感性を磨いて心を解放。そんな楽しみが待つ芸術祭が、日本三古湯のひとつ、道後温泉で開催中の「道後オンセナート2022」です。

 4年ぶりとなった今回の芸術祭では、国内外で活躍するアーティスト約30組の作品を展示。コンパクトにまとまった温泉街の半径500メートル以内に作品が配置されているので、歩いてまわりやすく、外湯めぐりしながらの気ままなアート鑑賞が叶います。

 国指定の重要文化財でもある温泉施設・道後温泉本館の入浴と合わせて楽しみたいのが、愛媛県・宇和島を拠点に創作活動を行う、大竹伸朗の巨大インスタレーション「熱景/NETSU-KEI」。

 保存修理工事中の道後温泉本館を囲う素屋根テント膜に、色紙を指でちぎって作った「ちぎり絵」の原画を高精細プリント。道後温泉のシンボル・白鷺、西日本最高峰の石鎚山などがエネルギッシュに表現され、そのスケールの大きさに圧倒されます。

 同じく外湯の道後温泉別館 飛鳥乃湯泉の中庭「ハダカヒロバ」には、床一面に艶やかな花の写真を施した、写真家・映画監督の蜷川実花によるインスタレーションを設置。2種類のオリジナル提灯に明かりが灯り、中庭がライトアップされる夜も圧巻の美しさで、まるで異次元のお花畑に迷い込んだかのよう。温泉でゆるんだ心と身体がさらにほどけていきます。

 ほかにも、道後商店街の入口「放生園」の足湯には、ペインター・TIDEの代表的なアイコン・CATが湯船からちょこんと顔を覗かせる「SPRING」が。手湯を備えた道後温泉 第4分湯場では、道後温泉本館や旅館などで使用したタオルを素材にした力石咲の「道後温泉系」を展開。多彩な温泉×アートにワクワクが続きます。

 会期中は、ミュージシャンのSUPER BEAVERをはじめ、詩人、俳人、クリエイターなど15組が「いきるよろこび」をテーマに選んだ言葉を路地、駐車場、建物の外壁などに展示。温泉街を一冊の詩集に見立てた新しいプロジェクトにも注目して、浸かって、歩いて楽しむアートの休日を。

道後オンセナート2022

会場:愛媛県道後温泉地区
問い合わせ先:089-921-6464(未来へつなぐ道後まちづくり実行委員会事務局)
会期:~2023年2月26日(日)
開催時間:作品・施設により異なる
観覧料:無料
https://dogoonsenart.com/

2022.05.28(土)
文=中村美枝(JAM SESSION)

CREA Traveller 2022 vol.2
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

京都と沖縄 <br />二つの美意識を訪ねて <br />Beautiful Kyoto & Okinawa

CREA Traveller 2022 vol.2


京都と沖縄
二つの美意識を訪ねて
Beautiful Kyoto & Okinawa

定価1,350円 (税込)

「CREA Traveller」2022 vol.2の特集は、「京都と沖縄 二つの美意識を訪ねて」。ともに長い歴史に支えられた伝統が息づく街でありながら、全く違う表情を持つ京都と沖縄。それぞれ違う魅力を持ちながら私たちを惹きつける、そんな二つの魅惑の街に通底する美意識を探りました。