人生の不思議まで表現されている

『クッキングパパ』
うえやまとち 著

 主人公が家庭や職場で料理を振るまう。

「記憶が走馬灯のように巡る場面に涙が流れてしまいます。主人公の息子が会社をやめて、本当にやりたいことだった料理の道を志す決心をする場面で、涙腺崩壊」(三浦哲哉さん)

別れを乗り越えて強く生きていく

『四月は君の嘘』
新川直司 著

 クラシックの演奏家である中学生たちの生と死を描く。

「最終巻を読んで泣かない人などいるのか!? 色々な人の思いを乗せての演奏、大切な人との別れを乗り越えて強く生きていく姿がたまりません」(宇垣さん)

存在することを肯定してもらえる

『ロスト ハウス』
大島弓子 著

 表題作を含む短編集。

「『どろまみれになっても思いきりこの世界で遊んでもいいのだ』のところで毎回泣いてしまいます。読者である自分まで、世界に存在することを肯定されたような気持ちになります」(トミヤマさん)

「心を揺さぶられた本」を教えてくれた方々(50音順)

犬山紙子(いぬやま・かみこ)さん
イラストエッセイスト

1981年生まれ。『すべての夫婦には問題があり、すべての問題には解決策がある』など著書多数。「文學界」で「むらむら読書」を連載中。

宇垣美里(うがき・みさと)さん
フリーアナウンサー

1991年生まれ。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」などに出演するほか、執筆活動も行う。週刊文春で「宇垣総裁のマンガ党宣言!」を連載中。

千早 茜(ちはや・あかね)さん
作家

1979年生まれ。『魚神』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。最新作は『ひきなみ』(KADOKAWA)。食についてのエッセイ『わるい食べもの』(ホーム社)がある。

トミヤマユキコさん
漫画研究者

1979年生まれ。大学では少女マンガ研究の講義を担当。著書に少女マンガの“ブサイク”な登場人物を考察した『少女マンガのブサイク女子考』(左右社)など。

長井 短(ながい・みじか)さん
俳優

演劇活動と平行してモデルとしても活動する「演劇モデル」。著書に、読者の自尊心を研ぎ澄ませるエッセイ『内緒にしといて』(晶文社)がある。

三浦天紗子(みうら・あさこ)さん
ライター

ブックカウンセラー。小誌をはじめとした女性誌や、文芸誌などで書評やインタビューを担当。著書に『震災離婚』(イースト・プレス)など。

三浦哲哉(みうら・てつや)さん
映画評論家

1976年生まれ。青山学院大学文学部比較芸術学科准教授。専門は映画評論、表象文化論。著書に『LAフード・ダイアリー』(講談社)など。

私が心を揺り動かされた本

2021.10.21(木)
Photographs=Kengo Shimizu

CREA 2021年秋号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

明日のためのエンタメリスト

CREA 2021年秋号


明日のためのエンタメリスト

特別定価860円

CREA9月発売号は「エンタメ」特集。家に籠る時間が長くなって、あらためて“エンタメ”の力に気づいた人は多いのではないでしょうか。疲れた時こそ、観て、聴いて、読む。心身どっぷり浸ってもいいし、何も考えず笑うだけでもいい。ドラマ、映画、ラジオ、舞台、本、マンガを中心に、明日への活力となるリストをお届けします。