節目を迎える人や悩みを抱えている人に贈りたい、応援の気持ちを伝える本。

 さりげなく背中を押してくれるような1冊を、書店「ON READING」の黒田さんご夫婦に選んでいただきました。


新しい生活を始める人へ贈りたい4冊

転職や結婚、卒業など、人生の節目に。これからのことについて考える手かがりになり、そっと勇気をくれる本を。

A『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』ヤマザキOKコンピュータ

 投資家であり、バンドマンの著者による等身大の社会と経済についての話。社会問題や将来の不安があるなかでも、世の中を変えられるお金の賢い使い方を伝える。

 「お金の使い方次第で、自分好みの世界になるかもと思うとわくわくします。ポジティブな『お金』との付き合い方が見えてくるはず」(黒田さん)。1,400円/タバブックス

» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

B『ほんとうのリーダーのみつけかた』 梨木香歩

 20歳以下を対象にした著者の講演会をまとめた一冊。周囲からの視線や言葉が気になる時、指針になる存在について説いている。

 「新しい人間関係で不安にならないためのお守りのような本。自分自身の中にいる『ほんとうのリーダー』を見失わなければ、どんな環境でも大丈夫だと思えます」(黒田さん)。1,200円/岩波書店

» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

C『こんにちは未来』 佐久間裕美子・若林 恵

 NY在中のジャーナリストと『WIRED』日本版の前編集長によるポッドキャスト番組をまとめた3冊。「ジェンダー編」「メディア編」「アメリカ編」とし、音楽やアート、政治やビジネスなど多角的に語る。

 「これからの世界や自分のことを考えるきっかけとなる、さまざまな問いやヒントが浮かんできます」(黒田さん)。3,600円/黒鳥社

» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

2021.01.19(火)
Text=Kaori Hareyama
Photographs=Wataru Sato,Hirofumi Kamaya

CREA 2021年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル

CREA 2021年1月号

特別な一年に想いを伝える
贈りものバイブル

特別定価900円

思いもかけない日々となった2020年。いつもと違う毎日のなかで新しい習慣ともなんとか付き合ったり、戸惑うこともあったと思います。思い通りに会えない日々が続いても、贈りものという形で気持ちを届けたい――。誰もが頑張った一年と、新しい明日に贈る、感謝とご褒美、ときどきエール。いろいろな想いをギフトにして届けます。