伝統工芸に囲まれた部屋で
極楽気分のマッサージを

寝心地のよい「ふわくもスリープ」のベッドに掛けられているのは上田紬のライナー。

 新築建て替えで再開業した「界 アルプス」は、全室がご当地部屋。ご当地部屋とは、滞在を通して地域の文化に触れることができる客室のことだ。

壁には信州のきりえが。

 それぞれ意匠は異なるが、温かみを感じる伝統工芸・松崎和紙を使った行灯(あんどん)や、信州のきりえ作家・柳沢京子氏による「アルプスの麓の詩情」をテーマにしたアートワーク、素朴な味わいの上田紬のベッドライナーなどが部屋を飾る。

囲炉裏端もいいけれど、くるみゆべしをお茶請けに楽しむ客室でのティータイムも話が弾む。

 新装でありながらほっとするような安らぎの空間は、とても居心地がいい。松崎和紙でできた茶筒とくるみゆべしが用意されているのがうれしい。部屋でも、話が弾みそうだ。

左:離れのロフト付きの部屋。
右:この客室には薪ストーブが設けられていて、火起こしから楽しむことができる。

 客室は、信楽焼の湯船の内風呂付き客室やプライベート感のある離れ、ロフト付きなどそれぞれに特色のある全4種類。

清々しい自然の中で湯に浸かることができる露天風呂。
檜の内風呂もいい。

 カラマツ林に囲まれた温泉は、高瀬渓谷に沸き出す源泉からお湯を引いている。男女とも内風呂と露天風呂があり、四季折々のアルプスの自然を楽しみながら、湯に浸かることができる。

温泉で癒された次は、マッサージでも癒される。最高の湯治だ。

 入浴の後はお部屋でマッサージを頼んだら、もう天国の心地よさ(45分 7,020円~/税込)。マッサージは、ゆっくりしたリズムの“癒し”とリズミカルな刺激の“ゆるみ”という2種類のアプローチから選ぶ。国家資格を持つ施術師のテクニックはさすがで、寝落ち確実。

<次のページ> 雪解けを表現した鍋にのっているのは?

2018.04.21(土)
文=小野アムスデン道子
撮影=鈴木七絵