札幌の新名物「〆パフェ」とは?

歩道に面したこのリースが「幸せのレシピ~スイート~」の入り口の目印。

 お鮨を握りのコースに留めたのには、予算を抑えたいということ以外にもうひとつの理由があった。それは〆パフェ! 札幌では夜中まで開いているスイーツ店があり、飲んだ後にパフェを食べるという文化があると聞いていたからだ。

 すすきの街にはそんなスイーツ店が数店舗ある。そのなかの1軒に行ってみることにした。場所は、すすきの交差点から狸小路へ向かう途中の左側にあるビルの地下。「幸せのレシピ~スイート~」だ。

階段を降りるとガラスのドア越しに見えたのは男性客だった。
白を基調にした店内にはクリスマスの飾り付けがされていた。

 ビルの入り口にはリースが飾られた看板があった。その後の白い階段を降りていくと、お店の入り口となる。白い店内にはクリスマスの飾り付けがしてあった。入り口近くのテーブルでは男性がひとりでウイスキーを飲みながらパフェを食べている。奥の女性ふたりはおしゃべりに興じていてにぎやかだ。

メニューのイラストとストーリーが楽しい。

 絵本のようなメニューにはメルヘンチックなネーミングのパフェのイラストが描かれている。「胡麻パフェ 姫からの難題」という名のパフェを選んでみた。かぐや姫のイラストが描かれているだけで「姫からの難題」を彷彿とさせる。

 ほかにも、「レモンと魔法のランプ」「ラムレーズン 狼の夜散歩」「ゆずとフランボワーズ 月姫の涙」「濃厚ピスタチオ 木の実の宝箱」など、どれも乙女心をくすぐるネーミング。

左:「胡麻パフェ 姫からの難題」は、胡麻の香りとともにいただく三色団子が和の風味。かぐや姫を思い浮かべながらいただいた。
右:「恋する王子のホットチョコレート」には、ピンクのハート型のミニチョコが添えられていた。どこまでも甘い! そして、サンタはヨガに夢中だ(笑)。

 「恋する王子のホットチョコレート」には、「寒空の下を歩いてきた あなたの心まで温めてくれる とろける甘さのホットドリンク パフェと一緒に食べるとより幸せな気分に…」と書いてある。つい、こちらも頼んでしまった。

 盛りだくさんのパフェに濃厚なホットチョコレート。深夜という罪悪感を感じながらも完食してしまった。夜の札幌は危険な街だった(笑)。

幸せのレシピ~スイート~
所在地 札幌市中央区南3条西4丁目 ビッグシルバービル 地下1階
電話番号 011-596-9852
http://sweet.innovegg.jp/

<次のページ> 噂のラーメンを食べたくて電車に飛び乗った

2018.02.09(金)
文・撮影=たかせ藍沙