vol.19_Elixir

コラーゲン研究から女性の肌を見つめ続ける「エリクシール」

“上質なハリ”を体感するならまずこの5品。(右上から時計まわりに)乳液は化粧水とぜひセットで。エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン W(医薬部外品)全3種 I・II 130mL、III 45g 各3,500円、日中用の美容乳液。同 デーケアレボリューション W+II SPF50+・PA++++(医薬部外品)35mL 2,800円、同 リフトモイスト ローション(医薬部外品)全3種 170mL 各3,000円、クリームと美容液は最新成分“Wステムコンプレックス”配合。同 エンリッチドクリーム CB 45g 8,000円、同 エンリッチドセラム CB 35mL 7,500円(価格はすべて編集部調べ)/資生堂

 1983年、肌とコラーゲンの関係に着目して誕生したエリクシール。以来、女性の肌の“今”を見つめて進化を重ね、30年以上にわたって資生堂のエイジングケアの主力ラインとして信頼を集めてきた。「エリクシール」の語源には、霊薬、万能薬、エッセンス、粋という意味があり、エイジングケアの先端技術と有用成分を凝縮してまるで秘薬のように化粧品の瓶に詰め込みたいとの想いから名付けられたという。

 2006年には、環境や年齢による肌変化を実感する女性たちに向けて「エリクシール シュペリエル」を発売。2010年には、肌の透明感を引き出す「エリクシール ホワイト」が仲間入り。そして、見逃せないのがここ1~2年のエリクシールの躍進だ。2014年にイノベーションを果たし、愛用者が増えている。なかでも化粧水と乳液が評判で2品の併用率は市場平均と比べてもダントツらしい。今年8月には美容液が、10月にはクリームがパワーアップ。アプローチもアイテムも大きく進化して新たなステージに入ったと言って間違いなし!

 「エリクシールはデビューから一貫して“上質なハリ”を追求してきたブランド。その歴史は資生堂のコラーゲン研究とともに進化してきたと言っても過言ではありません。独自の研究はもちろんのこと、世界中の著名な研究者や大学の研究機関と研究を進めていて、学術のレベルでもトップランナーであると自負しています」と話すのは資生堂リサーチセンター 研究員の入山俊介さん。

 実はこの方、私たち美容ライターの間では“Mr.コラーゲン”の異名を持つコラーゲン研究のスペシャリスト。最高のゲストを迎えて「ハリ肌」の最前線にぐっと迫りたいと思う。

<次のページ> 見て触れて実感のハリ肌を実現

2015.12.03(木)
文=吉田昌佐美
撮影=西原秀岳

CREA 2015年12月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル

CREA 2015年12月号

おいしいものからずっと使えるものまで
贈りものバイブル

定価780円